もっと日本が好きになる!英語と比べてわかった「日本語の魅力」

もっと日本が好きになる!英語と比べてわかった「日本語の魅力」

今、英語教育に力を入れる家庭が増えていますよね。

しかし、漠然と英語を勉強しても頭に残りません! 楽しむことがとても重要です。そのために、日本語と英語、それぞれの面白さを知っておきませんか?

例えば、アルバイトは和製英語。英語では、part-time jobになります。このように比べてみると、それぞれの違いがわかったり、いいところに気付けたりして、ちょっと面白いですよね。

そこで、高校からずっとアメリカに住んでいる筆者が、日本語と英語の”お互いに無い魅力”をご紹介したいと思います!

 

■英語には無い日本語の魅力的なところ

(1)相手を敬う言葉が多い!

まずは、日本語の魅力から。

みなさんご存知とは思いますが、「よろしくお願いします」、「行ってきます」、「お帰りなさい」、「いただきます」、「ごちそうさまでした」、「お世話になります」、「お邪魔します」、「お疲れ様でした」、「ごくろうさまでした」などは、英語にありません。

つまり、日本語には尊敬、感謝など他人を敬う言葉の表現が多いのです! そのため、英語学習していると、「こういったところが日本語は素敵だ」と感じるはず。

これらの言葉を伝えたいとき、アメリカではどうしていると思いますか?

実は、こういった言葉の代わりに、体で表現することが多いです。「いただきます」は言葉の代わりに、一部の宗教では、食事の前に感謝の意味を込めた祈りを捧げます。

「お疲れ様でした」は、言葉の代わりに肩をポンポンと叩きます。他にも、「good job」と言いながら親指を立てる、ハグや握手をする、といった表現も……。何らかのスキンシップをとる傾向があるんです。

確かに、英語圏ではボディランゲージをたくさん使うイメージ、ありますよね。

(2)擬音語・擬態語・擬声語も多い!

次は、オノマトペです。オノマトペとは、擬音語・擬態語・擬声語のこと。日本語は、これの種類が圧倒的に多いのです。

オノマトペは物の音の響きだけでなく、その状態などを”感覚的”に表現したもの。これを使うことにより、臨場感が明確に表現できます。

例えば、雨が降ると、日本語ではポツポツ、ザーザー、しとしと、ポタポタ、たらたら、ポツリポツリ、ぴちょん、ピトンピトン、ぱらぱらなどたくさんのオノマトペがありますよね。

しかし、英語にはこのような表現は使われません。近い言葉があっても、明確に音は表現されないのです!

日本語にしかないので、たくさんのオノマトペを使って子どもと会話してみてください。たくさん使って話しかけてあげると、表現力がますます豊かになって、子どもの世界がさらに広がりますよ!

 

LINEで送る