日本にもぜひほしい!素敵すぎるシンガポールの出産事情

日本にもぜひほしい!素敵すぎるシンガポールの出産事情

日本にもぜひほしい!素敵すぎるシンガポールの出産事情

日本と海外の違いは色々ありますが、出産事情はどんな感じなのでしょうか? なかなか日本にいるとわからないので、気になりますよね。

今シンガポールに住んでいる筆者は、妊娠中期だけ日本。その後、シンガポールに移住したため、戸惑いの連続でした! 日本の常識が染み付いていると、ちょっとしたことも「こんなに違うの!?」と思ってしまうんですよね。

そこで、シンガポールで「素晴らしい!」と思ってしまった出産事情を4つご紹介したいと思います。

 

■1:カップルで出産準備が当たり前!

シンガポールでは夫婦、カップルで出産に向けて準備するのが一般的です。

そのため、病院の待合室には平日の昼間でも付き添いの男性がたくさんいます。日本でもイクメンは少しずつ増えていますが、まだまだ少数派。

中には、待合室に付き添いの男性がいることを不快に思う女性もいるので、こういったところに文化の違いを強く感じました。素敵ですよね。

 

■2:分娩だけ行う大病院が非常に親切!

シンガポールでは分娩施設を備えている病院があまりありません。あるのはほとんど、大病院です。

そのため、分娩までは近くのクリニックに通い、分娩は大病院で行うというスタイルが一般的。よって大病院はそれぞれ、分娩施設や入院施設が内覧できるホスピタルツアーを組んでいます。

妊婦さんはこのツアーのおかげで、安心&納得して分娩できるのです。とても親切だと思いませんか?

 

■3:計画分娩&無痛分娩が当たり前!

中華系の文化が根強いシンガポールは、”暦”を重視します。

そのため、出産日をあらかじめ決めておく計画分娩が主流です。また、出産時の体力消耗や精神的負担を軽減するため、無痛分娩する人がほとんど。どちらも、日本で増えてほしいですよね。

ちなみにシンガポールは80%の夫婦が共働きで、出産後3~4ヶ月で仕事に復帰することが一般的。それで計画分娩・無痛分娩が理にかなっているのかもしれませんね。

 

■4:産後は乳母さんがいるので安心!

そしてシンガポールでの出産は、2泊3日の入院が基本です。前述の通り、3~4ヶ月で仕事に復帰しなければいけないため、産後ケアが日本よりずっと充実しています。

その最たる例が、ドゥーラやコンファインメント・レディといわれる産褥乳母さんの存在。新生児のケアに関する専門知識があって、退院当日から1ヶ月間(もしくはそれ以上)住み込みで、新米ママの面倒を見てくれます。

産後の体力回復のための食事作り、産後マッサージから新生児のケアまでプロフェッショナルとして活躍してくれるので、新米ママの強い味方です。初めての子育てを一人で悩まなくて済むので、助かりますよね!

 

ちなみにシンガポールには、日本人がたくさん住んでいるので、シンガポールで出産をした日本人も多く、たいへん心強いです。

それぞれの国で出産事情は、多少異なります。まずはその国の制度をよく理解し、その上で自身がどんな出産をしたいのか、しっかり考えることが重要なのです! みなさんも一度、好きな国の出産事情を調べてみては?

 【関連記事】

※ 将来、子どもが恥ずかしい思いする!? 「育ちが悪い」と思われる6つの行動パターン

※ 夫婦関係ギクシャクしてない?夫の自尊心を倍増させる魔法のフレーズとは

※ 外国人が驚きを隠せない「日本人ママのスゴすぎる!」3つのコトとは?

※ スリムなあの人はもう始めている!? ダイエットの味方「すっぽんパワー」ってなに?

※ 生きたまま腸に届く!キレイなママは「こうじ酵素」でダイエット

LINEで送る