今がチャンス!寒い冬の「トイレトレーニング」がいい意外な理由

今がチャンス!寒い冬の「トイレトレーニング」がいい意外な理由

みなさん、”トイレトレーニングは春先にスタートして夏までに完了”というイメージを持っていませんか?

確かに、冬だと風邪ひきそうで心配になりますよね。でも、逆にこう考えると大切なタイミングを逃してしまう可能性があるのです!

実は寒い冬こそ、トイレトレーニング開始にオススメの時期。この意外な理由について、トイレトレーニングアドバイザーの珠里友子さんに教えていただきました。

さっそく見ていきましょう!

 

■冬のトイレトレーニングがいい意外な理由

まず珠里さんは、「トイレトレーニング開始は、子どもがトイレに興味を持ち始めたり、”おしっこが出そう” ”おしっこをしたい”という感覚が出てきたりしたときがオススメ」と言います。

冬になると、寒いだけでなく、おしっこの回数が増えやすいですよね。これはつまり、珠里さんの言う「おしっこをしたい」感覚が多くなるということ。そのため、トイレ癖をつける絶好の機会なのです!

ここで、「え~!おしっこの回数が増えれば、その分おもらしも増えるのに……」と後ろ向きにならず、試してみませんか? ちなみに、チャンスを逃すと「オムツの中でする方が楽」と言い始めてしまうこともあるので要注意ですよ。

 

■冬のトイレトレーニングを楽しむコツ4つ

さらに珠里さんは、「トイレトレーニングは楽しみながら行うことが大切」と言います。しかし、うまくいかないと、どうしてもイライラしてしまいがち。よって、珠里さん直伝の”トイレトレーニングを楽しむコツ”もご紹介します!

(1)子どもとのコミュニケーションを楽しむ

最大のコツは、ただ楽しむのではなく、子どもとの”コミュニケーション”を楽しむこと。このコミュニケーションのために、子どもの小さな変化や成長に気付いたり、楽しみや喜びを感じたりしてみませんか?

コミュニケーションを大事にしていると、トイレトレーニングの方法が合うor合わない、向いているor向いていないなどと気付くことができます。

すると、自分たちに合う方法が見つかり、それぞれの親子オリジナルの方法ができあがるものだと珠里さんは考えているそうです。

(2)食事や着替えと同じようにトイレを見せる

次は、生活の中で見せてあげるといいそうです。トイレトレーニングの”トレーニング”という言葉に、「教えてあげなければ!」と肩に力が入ってしまうママも多いと思います。

トイレは、生活の一部です。食事、着替え、眠ることなどと同じ。生活しいていれば必ず行うことですよね。よって、食事や着替えと同じように”見せてあげること”がとても大切! オススメなのは、実況中継をすること。

要は、ママがトイレに行くとき、トイレで大人が行う動作を全て言葉に出すのです。これが実は、とても効果的なんだそうですよ。

そもそも赤ちゃんは、スプーンの使い方を教えていないのに離乳食を口に運んだり、着替えを教えていないのに靴下を履きたがったり、ボタンをしたがったりしますよね。一緒に生活しているパパやママの姿を見て、ちゃんと学んでいるのです。

そのため、大人のトイレを見せてあげると、自然と覚えていくのです。また、人形遊びでトイレで行なう一連の流れをやってみるのもいいそうです。ちょっと恥ずかしいですが、試してみませんか?

(3)いつものトイレでトレーニングをする

そしてトイレトレーニングは、行う環境も大事です。珠里さんは、できるだけ、普段パパやママが使っている環境のままトレーニングを行なうことを推奨しています。

子どもがトイレに行くのが楽しくなるよう、ポスターを貼ったり、音のなるおもちゃやぬいぐるみを置いたりした方がいいイメージがあるので、ちょっと意外ですよね。

理由は、おもちゃを楽しみにしている間にトイレトレーニングが完了すればいいのですが、飽きてしまうとトイレに行かなくなってしまうことも少なくないから。子どもは飽きっぽいので、気を付けた方がよさそうです。

(4)子どものタイミングを見て声をかける

最後は声かけです。「何度も声をかけているのに、出先だとトイレに行ってくれない」と悩む方も多いのではないでしょうか。

これ、ママの決めた時間で声をかけていませんか? 子どもの状況を確認して、声をかけてあげましょう。大人でも、好きなテレビや本を見たり読んだりしているときに「少しトイレに行きたいな」と感じても、我慢してしまうときがありますよね。

子どもも同じで、夢中になっているときは後回しにしたくなります。ただし、トレーニング中の子どもは我慢してトイレに間に合わなくなる可能性が高いです! よって、遊ぶ前にトイレを済ませておくことが大切ですよ!

 

このような方法で、トイレトレーニングは楽しめることがわかったら、少し気持ちが楽になりますよね。

「暖かくなってから始めようと思っていたんだけどな~」というママも、お子さんの心と体の準備が整っていたら、今すぐ始めてみませんか?

 

【取材協力】

※ 珠里友子・・・一般社団法人 日本コミュニケーション育児協会 理事/トイレトレーニングアドバイザー/ファミリーコミュニケーター。

5人の子どもの子育て経験を活かし、トイレトレーニングアドバイザーとして、また子育て講座の講師として”親子のコミュニケーション”をテーマに活動中。座右の銘は「いいかげんがいいかげん♪イライラたまらん♪ストレスたまらん♪たまらん育児のたまり♪」と覚えてください。

ブログ『ファミリーコミュニケーション』から”勇気づけ子育て”に関する情報を配信中。

LINEで送る