読むだけで行きたくなる!安さ以外の「東山動植物園」魅力10個

読むだけで行きたくなる!安さ以外の「東山動植物園」魅力10個

みなさん、愛知県名古屋市にある『東山動植物園』に行ったことありますか?

実はこの動植物園、とってもリーズナブル! 大人の入場料はたったの500円で、小中学生はなんと無料。子連れには、とっても嬉しい料金体系ですよね。

でも、あんまり安いと大したことなさそうな気がしませんか? この気持ち、よ~くわかります。しかし、『東山動植物園』だけは違うのです!

入場料が安いのに、見どころ満載! 園内はとても広くて、動物もたくさんいます。さらに、ペダルボートで遊べる大きな池や、園内を一周できるモノレールまで……。そして植物園と遊園地も、同じ料金で入ることができるのです!

ぜひ詳しく知ってほしいので、値段のわりに楽しめて一日いても全く飽きない『東山動植物園』の意外な魅力をたっぷりお伝えしますね! きっと、読めば読むほど行きたくなるはずですよ!

 

■1:動物が500種類近くいる

読むだけで行きたくなる!安さ以外の「東山動植物園」魅力10個

まず、広い園内には、500種類近くの動物が展示されています。(平成25年3月31日の展示動物は497種)もちろん、コアラやキリン、ライオン、トラなど人気の動物もいます。

また、カンガルーを至近距離で見られる”カンガルー広場”や、ライオンをガラス越しに近くから見られる”ワーオチューブ”などもあります。絶滅危惧種の動物もわかりやすく展示されているので、とても勉強になりますよ!

 

■2:色々な動物のえさやり体験ができる

しかも、動物がたくさんいるだけではありません。見るだけでなく、触れ合っても楽しめるのです!

読むだけで行きたくなる!安さ以外の「東山動植物園」魅力10個

読むだけで行きたくなる!安さ以外の「東山動植物園」魅力10個

毎月第1日曜日にはキリン、第2日曜日にはアフリカゾウと、色々な動物のえさやり体験ができます。先着順ですが、無料で体験できるのでオススメです。さらに、季節ごとにえさやりができる動物もいます。

10月〜5月の第3日曜日はアシカ、4月〜11月の第4日曜日はカバ、12月〜3月の第4日曜日はアメリカバイソンと、毎週えさやりを楽しめるようになっています。

ちなみに、バラ園エリアにある”こども動物園”では、ウマやウシ、ウサギ、アヒルなどが展示されており、ヤギのえさやりやモルモットのタッチングなどを体験できます。

ただしヤギのえさやりは、1日4回(午前10時、午前11時、午後1時、午後2時)各回50皿と限定されていますので、注意してくださいね。

 

■3:乳幼児向けサービスが充実している

とはいえ、赤ちゃん連れのおでかけは不安も多いですよね。しかし『東山動植物園』では、乳幼児サービスも充実しているのです。

ベビーカーは300円で借りられます。正門案内所、北園門案内所、上池門にて借りることができるので、チェックしておきましょう。

また、授乳スペースが園内6ヶ所、おむつ替えスペースが25ヶ所とたくさんあるので、安心です。紙おむつもMサイズ、Lサイズそれぞれ2枚100円で販売しているので、もしものときも大丈夫ですね!

 

■4:モノレールで楽に移動ができる

読むだけで行きたくなる!安さ以外の「東山動植物園」魅力10個

赤ちゃん連れでも楽しめるところは、他にもあります。園内には、動物園と植物園をつなぐモノレール、スカイビュートレインが走っているのです。

このモノレールにはベビーカーのときに便利なエレベーターもあるので、移動がとってもラクチン! 動物園から植物園(植物園から動物園)への移動や、1周して戻ってくることもできます。

気になる料金は、大人1周500円・片道300円、2歳以上の子ども(小学生まで)1周250円・片道150円。歩き回る体力がなさそうなときは、乗って楽しむのもアリですよ。

 

■5:かわいいご飯がある

『東山動植物園』はサービスだけでなく、食べ物も魅力的! 園内で様々な軽食が販売されています。テーブルや椅子もありますが、オススメはバイソン舎前にあるレストラン『カフェフラミンゴ』です。

読むだけで行きたくなる!安さ以外の「東山動植物園」魅力10個

ここでは、とってもかわいいコアラカレー(750円)を食べることができるのです! コアラの顔をしたご飯で、グリーンピースの目、チキンナゲットの鼻と耳がついているので、食べるのがもったいないような気持ちになりますよ。

 

■6:かわいいソフトクリームもある

読むだけで行きたくなる!安さ以外の「東山動植物園」魅力10個

かわいい食べ物は他にもあります。なんと、コアラソフトやゾウさんソフト(各300円)もあるのです! どちらもソフトクリームに顔がついていて、見ているだけで和みます。(ずっと見ていると溶けちゃいますが……)

味も好きなものを選ぶことができます。このソフトクリームを食べられるのは、カフェフラミンゴとカバ舎前にあるヒポポ売店の2ヶ所だけ。子どもが絶対に喜ぶかわいいソフトクリームなので、要チェックですよ。

 

■7:かわいいペダルボートに乗れる

読むだけで行きたくなる!安さ以外の「東山動植物園」魅力10個

かわいいシリーズはまだまだ続きます。園内で、ヘリコプターやパトカー、パンダやコアラなどのかわいいなボートに乗ることができるのです!

3人乗り30分900円、4人乗り30分1,200円で利用できます。また、手漕ぎボートもあり、こちらは3名60分600円で利用できます。

ただし、赤ちゃんも乗船人数に含まれるので要注意です。ちなみに、50円で鯉と鴨のえさを購入できるので、えさやりも楽しめますよ。

 

■8:お得なフリーパスがある

もちろん『東山動植物園』は、動物だけではありません。遊園地エリアには、小さな子どもから楽しめるアトラクションがたくさんあります。ここでオススメなのは、1,000円のフリーパスの利用。

なんと、100円や200円のアトラクションがすべて乗り放題になるんです! 300円のアトラクションはふたつだけなので、ほとんどのアトラクションが乗り放題になります。しかも、2歳から乗れるアトラクションが多いので、遊びつくせるのです!

ホームページには記載がありませんが、園内のテントで販売しています。遊園地エリアに着いたら、探してみてください。

 

■9:お得なセット券もある

読むだけで行きたくなる!安さ以外の「東山動植物園」魅力10個

お得なのは、園内だけではありません。『東山動植物園』の入口で、名古屋市東山スカイタワーとの共通券を一緒に買うこともできるのです。

大人の入場料は、動植物園500円・スカイタワー300円のところ、共通券は640円と160円安くなっています。

東山スカイタワーのまわりには高い建物がないので、眺めが最高なんです。とくに夜景は素晴らしく、日本夜景遺産、夜景100選にも認定されているそうです。こちらも機会があればぜひ!

 

■10:紅葉ライトアップまである!

読むだけで行きたくなる!安さ以外の「東山動植物園」魅力10個

最後は、期間限定の魅力を……。なんと『東山動植物園』で、今年初めて紅葉ライトアップが行なわれるのです! この開催日は11月22日(金)~24日(日)、29日(金)~12月1日(日)。

特別に、20時半までの開園を延長するそうです。(ただし入園は20時まで)詳しくは、ホームページをチェックしてみてください!

 

いかがでしたか? あまりお金もかからず、楽しむことができます。ちなみに名古屋駅から最寄りの東山公園駅まで一本で行けて、片道は260円です。ぜひ、行ってみてくださいね!

 

【参考】

東山動植物園

東山動植物園 遊園地

東山ボートハウス

東山スカイタワー

※ バーチャルひがしやま動物園&植物園

LINEで送る