英語に興味ない子どもを楽しくバイリンガルに育て上げる方法

英語に興味ない子どもを楽しくバイリンガルに育て上げる方法

今、バイリンガル育児を行う家庭が急増しています。以前、NHKでも「過熱する幼児英語教育 背景は」というテーマで大きく取り上げられていました。そのため、既に自宅で実践されている方も多いのではないでしょうか。

しかし実際にやってみると、「子どもが英語に興味を示してくれない!」「英語の絵本を見てくれない」といった悩みが出てきがち……。できれば、楽しんで英語に触れてほしいですよね! やっぱり、何事も楽しくなければ長く続きません。

そこで今回は、国産バイリンガルの育て方講師の加藤由希子さんから、バイリンガル育児のコツについて教えていただきました。以下の2点だけおさえておけば、子どもが今よりずっと英語を楽しみやすくなりますよ!

 

■1:ママも楽しんで取り組むこと

まずは、「子どもに英語を楽しんでもらいたい」と思ったら、ママも一緒に楽しむことが大事です。加藤さんは、これが「最も子どもが楽しんでくれるコツ」と言います。

このようなアドバイスだと「そんなの当たり前じゃない?」「簡単すぎる」と思うかもしれませんが、意外とバイリンガル育児になると簡単じゃないのです。それは、英語にママ自身が苦手意識をもっているケースが意外と多いから。

「私には難しくて……」と眉をひそめてしまっては、子どもも楽しみにくくなります。苦手意識をなくすために、最初のハードルを低くすることから始めてみませんか?

例えば、英語の歌をかけ流したり、ママも親しみのあるかわいい絵本を読んだり……。他には、子どもがトーマス好きならトーマスの絵本を、宇宙に興味があるなら宇宙の絵本など、子どもが興味のあるものから取り入れていくのもいいです。

今の環境に少しずつ英語を入れていって、ママも笑顔で一緒に楽しんでいきましょう。

 

■2:結果を求めないようにすること

次に大事なのは、”結果を求めずに働きかけもやめないこと”です。人間誰しも、ついつい結果を求めてしまうものですよね。

しかし、何事も”全てがうまくいく”とは限りません。頑張っても、「思ってたより結果が出ない……」ってこともありますよね。ママ自身、学生時代に部活や試験でそんな挫折を味わったこともあるはず!

ママが結果を求めると、自分の子どもがなかなか英語を話さないことに焦ったり、他の子どもと比べたりしてしまいます。すると、だんだんママは楽しんでバイリンガル育児ができなくなってしまいます。

子どもはママから影響を受けるものなので、そんな様子を見続けると、次第に英語の遊びがつまらなくなってしまいます……。こんなマイナスな状況になるのは、絶対に避けたいですよね!

ただし、こういったことを誤解してはいけません。

ここで働きかけをやめてしまっては、本末転倒です。例え結果が出なくても、とにかく焦らずに続けていくことが非常に大切。自分も子どもも、英語が嫌いになってしまわないよう、結果ばかり求めず、ルンルンで働きかけを継続していきましょう。

 

いかがでしたか? どちらも簡単そうに見えますが、実際はなかなか難しそうだと思いませんか?

最後の”結果を求めないこと”は英語以外にも言える、最も重要なポイントです。ぜひ、子どもやママが好きなものを上手に取り入れながら、楽しくバイリンガル育児をしていきましょう!

 

【取材協力】

※ 加藤由希子・・・国産バイリンガルの育て方講師。英文科を卒業しても使える英語が身につかなかった自身の経験から、独自に息子に英語を教える。息子は2歳から英語を話し始め、幼稚園ではバイリンガルに。今はママさんたちにその方法を伝えるセミナーなどを開催している。

ブログ『国産バイリンガルの育て方:親の英語力は問題ではありません』からも”バイリンガル育児”の情報を配信中!

LINEで送る