ちょっと呟くだけで無駄遣いがなくなる「魔法の口癖」6パターン

ちょっと呟くだけで無駄遣いがなくなる「魔法の口癖」6パターン

ちょっと呟くだけで無駄遣いがなくなる「魔法の口癖」6パターン

無駄遣い、なくしたいと思いませんか?

必要ないものをうっかり買って気持ちがいいのは、そのときだけ。しばらく経つと「何で買ったんだろう……」と激しく後悔してしまいますよね。

なかなか止まらないことで悩んでいるなら、口癖を変えてみては? 呟くだけなので、どんな人でも簡単にできます。そこで、消費生活アドバイザー・丸山晴美さんの著書『節約の作法』を参考に、“無駄遣い防止に効果的な口癖”をご紹介します。

 

■口から出る言葉ひとつで無駄遣いがなくなる理由

まず、本当に口癖ひとつで無駄遣いがなくなるのかどうかが、気になるところですよね。これは、マザー・テレサの残した名言をよく読むと、どれだけ効果があるのかよくわかります。

「思考に気をつけなさい、それはいつか言葉になるから

言葉に気をつけなさい、それはいつか行動になるから

行動に気をつけなさい、それはいつか習慣になるから

習慣に気をつけなさい、それはいつか性格になるから

性格に気をつけなさい、それはいつか運命になるから」

この名言は簡単に言うと、「こうしたい」と決めた言葉を口にすると、行動が少しずつ変わってきて、やがてその通りになっていく、ということです。

口癖のような“小さな変化”でも、積もり積もれば自分の中で当たり前になっていきます。無駄遣いが習慣になっている人でも、口にする言葉でじわじわ意識が変わっていけば、無理なくやめられるものなのです。

 

■無駄遣いをスルリとやめられる魔法の口癖6つ

それでは、実際にどんな口癖がいいのか、肝心な部分を見ていきましょう。丸山さんは著書の中で、以下の6つを推奨しています。無駄遣いを減らすために、心の中でもいいので呟くようにしてみてください!

(1)「どれだけ必要で、どれだけの効果が期待できるのか?」

例えば服。「買うとどんな効果があるかな……」と口にするだけで、色々と考えないといけなくなり、その場で衝動買いせずに済みますよね。

(2)「家にあるもので代用できないのか?」

商品を手に取る前に、「うちには●●があるからいいや」などと言うのもいいと思います。

(3)「本当にこれがなければダメなのか?」

インターネットで買うときも、“購入ボタン”を押す前に「もっといいのがあるはず」などと呟くだけで無駄遣いが減らしやすいですよね。

(4)「売り文句に惑わされていないか?」

流されやすい人は、「惑わされちゃダメ!」と口にする回数を増やしてみてください。

(5)「1週間後も同じ気持ちか?」

そもそも、“即決はしない”だけでかなり無駄遣いの防止になります。セールなどに行くときは、ぜひ自分に問いかけてみましょう。

(6)「長期にわたって使えるか?」

常日頃から、「買うのはずっと使えるものだけ!」と宣言しておくのもいいですよね。

 

子育て中のママは節約を意識するあまり、安売りに飛びついて失敗しがち。しかし、上記のどれかひとつでも口癖にすると、賢い買い物ができる女性になれますよ。

また、もし無駄遣いをなくす以外の、もっと本気の節約が知りたいなら『節約の作法』に詳しいテクニックがつまっています。

「こうすればよかったのか!」と驚くものばかり紹介されているので、一度読んでみては? お金の管理が得意じゃない女性ほどオススメですよ!

 

【参考】

丸山晴美(2010)『節約の作法』 SBクリエイティブ

LINEで送る