実は喜ばれない!出産祝いであげない方がいい「子ども服」5つ

実は喜ばれない!出産祝いであげない方がいい「子ども服」5つ

実は喜ばれない!出産祝いであげない方がいい「子ども服」5つ 出産祝い、何をあげようか迷いませんか? 中には、あげ慣れていて「いつも子ども服を選んでしまう」というママもいるはず。

子ども服なら種類も豊富なのでかぶりにくい上、価格も選べるので、あげやすいですよね。 しかし実は、出産祝いに子ども服をあげるとき、意外な落とし穴があるのです! 

どんな子ども服に注意が必要なのでしょうか? ママライターである筆者の経験と、周辺取材を元にお伝えいたします。  

 

■実は出産祝いには「NG」な子ども服5パターン

(1)新生児サイズ(50~60cm)の子ども服

まず、新生児サイズは着る期間が短いので避けた方が無難です。もらえばすぐに着られるのですが、ビッグサイズで産まれた赤ちゃんにはピチピチになってしまう可能性も……。

また、ひとりめの赤ちゃんであれば、すぐに着られるような可愛い子ども服や肌着を出産準備として購入しているママが多いです。

そして赤ちゃんは、基本的に体温調節のため、裸足でいます。よって、新生児サイズの靴下やルームシューズも履かせる機会が少ないのです……。

できるだけ出産祝いで贈るのは見送りましょう。

(2)70cmの子ども服

次のNGは、70cmの子ども服。これも意外と着られる期間が短いってご存知でしたか? 早い子だと、生後4~5ヶ月くらいでサイズアウトしてしまうことも……。

赤ちゃんの成長って、本当に個人差があるのです。ちなみに筆者の娘は2,500g以下で産まれたのですが、比較的すぐに標準になりました。そのため、生後半年の頃には、80cmを着ていたのです。

一方、同じくらいのサイズで産まれたのに、「70cmを2歳まで着ていた」との声もありました。 しかし、色々なママの話から総合的に判断すると、70cmは素敵なブランドものでもあまり長く着られず、少しもったいないでしょう。

(3)100cm以上の子ども服

また、あまりに大きすぎる服も考えものです。100cmというと、3~4歳サイズ。 すぐに着ることができないので、しまっておくことになります。

けれども、3年くらい経つともらったことを忘れてしまうもの……。気づいたときにはサイズアウト、なんてことになりがちです。

(4)キャラクター系や着ぐるみ系の子ども服 実は喜ばれない!出産祝いであげない方がいい「子ども服」5つ

そしてデザインでは、キャラクター系、着ぐるみなどの可愛すぎる系もNG。かなり好みが分かれるため、よく知っている親友以外では避けた方が安全。「キャラクター系を着せたくない」と思っているママ、結構いるんですよ。

(5)カバーオールなどつなぎタイプの子ども服 実は喜ばれない!出産祝いであげない方がいい「子ども服」5つ 最後のNGは、つなぎタイプ。このタイプの子ども服は、上下分かれているものよりサイズアウトが早いです。 つなぎタイプの子ども服は、股の部分をホックで留めるようになっていますよね。

しかし、オムツのボリュームが意外とあるので、留まらなくなってしまうことがあるのです。 また、ムチムチと横に大きくなってしまう子どもだと、すぐにホックが留まらなくなることも……。

よって、長く着てもられるといった点でも、出産祝いには“上下分かれた子ども服”が断然いいですよ!  

 

LINEで送る