ジップロックをうまく使って食費を「月1万4千円」節約する裏技

ジップロックをうまく使って食費を「月1万4千円」節約する裏技

食べ物の保存に便利な小袋、ジップロック。あなたは普段、これを有効活用できてますか? 実はジップロックのフリーザーバッグをうまく利用すると、食費を月に14,000円も節約できるのです!

ここで、「えっ?たった1万円ちょっと!?」と思った方、よく考えてみてください。食費に毎月いくらかかっていますか? 14,000円は、1,000円のランチ14回分です。また、給料日前に14,000円あれば贅沢できますよね。

この14,000円を毎月貯めれば、1年で168,000円になります。こう考えると、ジップロックでこんなに貯金できるなんて、すごいことですよね。一体どんな使い方をすればいいのでしょうか?

今回、この詳しいお話を、ファイナンシャルプランナーの武田明日香さんに教えていただきました! 簡単なので、手元にある方はぜひ今日から試してみてください!

 

■1:ご飯のまとめ炊き&冷凍すると月に12,000円も抑えられる!

食費が一番かかるのは、意外と炭水化物。ご飯ですよね。というわけで、ジップロックのフリーザーバッグを使ってご飯を冷凍させるだけでどれぐらいの節約になるのかを見ていきましょう。

レトルトご飯は、まとめ買いしても1食約160円くらいです。スーパーのお惣菜として売られているご飯もこれくらいしますよね。毎食これだと、食費が14,400円になってしまうのです。

しかし、ジップロックを使った冷凍ご飯は1食約30円ほど。毎食で考えれば月11,700円も節約できます。

やり方は簡単。まず、ご飯をまとめて炊いて、お茶碗一杯分ずつに分けておきます。この分けたご飯を、薄く伸ばしてラップにくるみます。くるんだ薄いご飯は、いくつも作ってからジップロックにしまいます。

これを冷凍するだけでいいのです。「こんなのみんなやっているじゃん」と思いますか? 大抵は、タッパーに3合ぐらい入れただけではないでしょうか? 意外とこれが、電気代の節約にもなるのです。

ちなみに、毎回ご飯を炊くとき電気代は、保温機能も使うので1食約8.7円くらいになります。しかし、冷凍ご飯の場合はレンジで温め直す電気代を考えても1食あたり約4.8円しかかかりません。

ご飯を炊くのが面倒なときはつい「外食しちゃおう」となりがち。けれども、常にご飯があるように冷凍しておけばこんなにも節約できるのです!

[ジップロックを使った冷凍ご飯] 1食約30円ほど・・・3食だと30円×90回=2,700円

[市販のレトルトご飯] 1食約160円ほど・・・3食だと160円×90回=14,400円(ジップロックより11,700円もかかる計算)

 

■2:野菜のまとめ買い&冷凍すると月に約1,000円も抑えられる!

次は、ジップロックのフリーザーバッグを使って、冷凍の根菜ミックスを作った場合です。

筑前煮用の冷凍根菜ミックスなどは、1食が大体300円くらいします。しかし、まとめ買いしたごぼう、にんじん、れんこんなどを切ってミックスしたものをジップロックで冷凍すると、1食約143円ほど。

これを月に5回食べれば、約785円も節約できます。煮物だけでなく、炒め物や豚汁にも利用できるので、野菜を腐らせずに済みます。こう考えると断然、カットしてジップロックで冷凍した根菜ミックスの方がお得ですよね。

また、長ネギを小口切りしてジップロックに入れるのもいいです。冷凍庫に常備しておけば、お味噌汁の具材として毎日少しずつ使えたり、冷ややっこの上にのせたりできますよ。

[ジップロックを使った冷凍・根菜ミックス] 1食約143円ほど・・・月に5回食べれば143円×5回=715円

[市販の冷凍・根菜ミックス] 1食約300円ほど・・・月に5回食べれば300円×5回=1,500円(ジップロックより月785円もかかる計算)

 

■3:むね肉まとめ買い&味付け冷凍すると月に約1,000円も抑えられる!

最後は、ジップロックのフリーザーバッグを使って、冷凍の味付き鶏むね肉を作った場合です。

お惣菜の鶏むね肉は、安くても1食約250円くらいはしますよね。しかし、1キロくらいまとめて買った鶏むね肉を調理すれば、1食約40円ほど。冷凍して月に5回食べれば、1,050円も節約できます。

まとめ買いした肉は、冷凍する前にジップロックに入れて醤油・酒・しょうがなどで味付けしておけばいいのです。ジップロックはとても丈夫なので、調味料を揉み込むときも破れる心配はありません。そしてそのまま冷凍できます。

冷凍庫から出して、焼くだけですぐにおかずができます。これを都度やるよりずっと手間も時間もかからないので、外食したりコンビニ食に頼ったりせずに済みますよ。

[ジップロックを使った冷凍・味付き鶏むね肉] 1食約40円ほど・・・月に5回食べれば40円×5回=200円

[お惣菜の鶏むね肉] 1食約250円ほど・・・月に5回食べれば250円×5回=1,250円(ジップロックより月1,050円もかかる計算)

 

いかがでしたか? 上記のようにジップロックを使うと、厳密には月に14,450円の節約になるということがわかりましたね。

ジップロックのフリーザーバッグは、“大”12枚入だと599円で買えます。600円弱で1万4,000円も食費を節約できるなら、「もっとジップロックをフル活用していきたい!」と思いませんか?

ここに挙げたのはほんの一例です。きっとあなたの周りには、素敵なジップロック活用方法を知っている方もいるはず! 今度会ったときに「ジップロック、どうやって使ってる?」と聞いてみると、盛り上がりますよ!

 

【関連記事】

※ 夏休みは家族で「ワンランク上の旅行」へ!今日からできる計画的なプチ節約術とは

※ 節約のキモは家の中にある!? 賢い節約術3つ

※ 理想の「2人目出産」っていつ?兄弟の年齢差別メリット・デメリットとは

※ あなたの子育ては失敗or成功?「幸せを感じられない子」にする親の口グセ

敏感肌の赤ちゃんに優しさを。ベビー服の上手な洗濯コツ3つ[PR]

【姉妹サイト】

●●は小さくすべし!「食費がかさみがちな人」のNG習慣5つ

アレ…意味ない?使い方次第で逆効果になってしまう収納グッズ2つ

【取材協力】

武田明日香・・・女性による女性のためのマネーサロン・株式会社エフピーウーマン所属のファイナンシャルプランナー。1983年生まれ。大学卒業後、大手印刷会社に入社。法人営業の仕事をしながら自己啓発のためにファイナンシャルプランナーの資格を取得。

自分自身のライフプランニングとキャリアの悩みから、「女性がライフステージで選択を迫られたときに、諦めではなく自ら選択できるためのお手伝いがしたい」とエフピーウーマンへ転職。キャリア面でのアドバイスにも力を入れ、女性がキラキラ、イキイキとハッピーに生きていくための支援をしている。

 

【参考】

※ ジップロック(R)フリーザーバッグ – 旭化成ホームプロダクツ株式会社

LINEで送る