なんと父親になると男性は「ダイエットに目覚めやすい」と判明

なんと父親になると男性は「ダイエットに目覚めやすい」と判明

夫のポッコリお腹を見ると、「結婚前はこんな体じゃなかったのに……」とちょっとガッカリしてしまいませんか?

このような不満を抱えているのは、あなただけではありません! 実は、女性セブンの会員サイト『セブンズクラブ』のアンケートで、「夫の体形で嫌なのはどんなところですか?」と聞かれて「お腹がでている」と答えた人がもっとも多かった、との結果が出ています。

しかし、アメリカ科学振興協会は、“結婚への満足度が高いほど新婚の数年間は体重が増加する”との研究結果を発表しています。そのため、幸せ太りと思っても大丈夫と言えます。しかし、どうせならいつまでもスマートでスタイリッシュでいてもらいたいですよね……。

そんなあなたに、朗報があります!

なんと、男性はパパになると“最も効果的にダイエットできる”ことが、ダイエット製品の販売会社『Weight Watchers』の調査で判明したのです。子どもができてからのダイエットは、病気で医師からの指摘されたときや女性にモテたいと思ったときよりもずっと頑張れるそうです。

一体なぜ、パパになることがいいダイエットになるのでしょうか? 今回はこの理由を、調査結果を参考に詳しく探っていきましょう。

 

■子どもができると「いいお手本になりたい」と思って健康志向になる!

『Weight Watchers』は、1,000人の父親に調査を行いました。

すると、子どものために、健康を維持しようと減量を決意したパパは38%もいることがわかりました。また、37%が「子どもとスポーツを楽しみたい」、31%が「子どものいいお手本になりたい」、11%が「子どもの学校で他のパパに負けたくない」と回答したそうです。

ちなみに、イギリスでは実に45%のパパが太り過ぎ、心臓病などのリスクを抱えているそうで、約半数のパパが、それらの病気に関して心配していると回答しています。

このような背景もあるため、50%のパパが「今の自分は子どもにとって悪いお手本だ」と回答し、子育て中に意識改革が行われている、ということが明らかになりました。

 

■子どもと「いい時間を過ごしたい」と思うパパほどダイエットに成功する!

イギリスのTV司会者、グレッグ・ウォレスは17週間で約9kgの減量に成功し、他のパパにも言い訳しないでダイエットした方がいい、とすすめています。「ダイエットしたことで、もっとエネルギッシュに子ども達と過ごせるようになった」とのこと。

「買い物に行っても娘にしっかりついていけるし、今年は息子とラグビーのチャリティーマッチに出場して80分間プレーできました。

ダイエット前なら無理だったことです。また、いつも前向きな考え方ができます。子どもとの時間にものすごく影響していると思います」とダイエットして健康にもなれたことを嬉しそうに語っています。

件の『Weight Watchers』は、ダイエットツール『Weight Watchers Online』を公開しているのですが、2010年と比べると会員数が3年で倍になったそうです。

そのため、『Weight Watchers』のゾーイ・ヘルマンは、「ダイエットは女性のものと考えられてきましたが、実は女性よりも男性にとって重要な問題なのです」とコメントしています。

 

これはイギリスの話ですが、日本でも当てはまりますよね。「いいパパになりたい!」と思っている子煩悩な男性ほど、「子どものために痩せよう!」と思ってくれるはず。

「長続きするダイエットはないのかしら?」と悩んでいる女性は、「子どもができたら痩せてくれる」と考えを改めてみては? きっと、子どものためなら喜んで体型も素敵なパパに変身してくれますよ。

 

【参考】

夫の外見に不満を持つ妻は60.4% 不満持たぬ妻は14.1% – NEWSポストセブン 

※ 幸せな新婚生活が肥満のリスク? – 世界の最新健康・栄養ニュース

※ Becoming a dad is the biggest incentive for overweight men to shed the pounds – Mail Online

LINEで送る