これでママじゃない自分になれる!脱ママ時間を作る最強テク5つ

これでママじゃない自分になれる!脱ママ時間を作る最強テク5つ

子どもが産まれてから、“自分の時間”が少なくなっていませんか?

自分の時間が少なすぎると、だんだん余裕がなくなっていきます。些細なことでイライラして、子どもに優しくできなくなってしまいやすいです。

そうならないために、しっかり“脱ママ”していきましょう! そこで今回は、できるだけ自分の時間を作る簡単な方法をお話しさせていただきます。

 

■1:買い物に出かけずネットスーパーを利用する

大変なことのひとつが、子どもと一緒に行く買い物。買い物に行くだけで、一気に疲れてしまうママさんも多いと思います。

そこでオススメなのが、ネットスーパー。出かけることなく、玄関まで必要なものを届けてもらえるので、利用者がとても増えています。重いものやオムツなどのかさばるものも玄関まで届けてくれるので、普通の買い物より何倍もラクチンです。

今、イオン、イトーヨーカドー、西友、ダイエーなど数多くのネットスーパーがあります。ぜひご自宅の地域がどの配送エリアか、サイトで確認してみてください。

 

■2:いったん物をまとめておく“とりあえずBOX”を作る

子どもに次から次へと散らかされてしまうので、部屋をキレイに保つのはなかなか難しいですよね。しかし、大きな箱をひとつ用意するだけで、片付けが楽になって自分の時間が作りやすくなります。

この箱に、とりあえず何でもしまっておいて、ごちゃごちゃ見えないようにしてみてください。もちろん、そのままにせず、週末など時間ができたときにまとめて片付けるようにするのです。

大きな箱は、インテリアに合わせたオシャレなものを選ぶと気分も上がります。ちなみに筆者は、『3COINS plus』というお店で購入したものを“とりあえずBOX”と呼んで愛用しています。

 

■3:ちょっと早起きして朝の時間を有効活用する

少しだけ早く起きて、子どもが起きる前に朝食やお弁当を作りながら音楽を聴いたり、目覚めのコーヒーを飲んでみたりするのもいいと思います。朝の静けさにリラックスできて、例え10分くらいでもかなり充実した時間が過ごせますよ。

 

■4:「自分の時間をください!」とパパにお願いする

パパの仕事がお休みの日に、子供と遊んでもらったり家事を手伝ってもらったりする、というのもひとつの方法です。

「夫婦なんだから当たり前」と思うママさんもいると思いますが、「パパには家事も育児も任せられない……」と思うママさんはまだまだ多いのです。

そういったママさんは、日頃から少しずつ家事や育児に参加してもらって慣れさせておくと、お願いしやすくなりますよ!

そして、月に1回パパと子どもが一緒に過ごす日を作る、子どものお風呂や寝かしつけはパパがする、というような役割分担を決めるといいです。また、やってほしいことをメモにして渡したり、最初は丁寧に説明してあげたりすることも大切です。

ただ、ここで忘れてはいけないことがひとつあります。それは、ママが「自分の時間がほしい!」と思っているのと同じように、パパにもちゃんと自分の時間が必要だということです。

感謝の気持ちを忘れず、パパにもちゃんと自分の時間を持たせてあげるようにしてください。しっかり自分の時間を持たせてあげると、「この前はパパに時間があったから、今度は私にも時間をくれない?」と頼みやすくなりますよ。

 

■5:“水曜日はお惣菜”などの手抜き曜日を作る

最後は、思い切って手を抜く曜日を作ってしまいましょう! 例えば、「水曜日は、お惣菜やお弁当にしよう!」「金曜日はお掃除をお休みして週末やろう!」「月曜日、水曜日、金曜日は掃除機をかけよう!」など。

やっぱり、頑張りすぎると疲れてしまいますよね。家事は、毎日完璧にこなす必要なんてないのです。

ママだって人間です。たまには休みが必要です。そのため、休む時間や休む日を作ってしまうと、「今日はこれをやらなくていいんだ」と思えるときがたまにあると、とても楽になりますよ! そして気持ちに余裕ができて、次の日の家事や育児もうまくいきます。

 

いかがでしたか?

ほんの少し工夫して自分の時間を作ると、家事の効率アップにつながったり育児が楽になったりします。すると、毎日が楽しくなって、どんどん笑顔も増えていきます。

ママの自分も大事ですが、“ママじゃない自分”になれる時間も大事。上手に作って、今まで以上に家事も育児も好きになってみませんか?

 

【参考】

イオンネットスーパー

イトーヨーカドー ネットスーパー

SEIYUドットコム(西友ネットスーパー)

ダイエー ネットスーパー

3COINS plus

LINEで送る