絶対にやめて!将来「子どもをダメにしてしまう」親のNG行動10個

絶対にやめて!将来「子どもをダメにしてしまう」親のNG行動10個

絶対にやめて!将来「子どもをダメにしてしまう」親のNG行動10個

“子は親を映す鏡”と言われるように、子どもは親から良くも悪くも大きな影響を受けます。子どもの心身の問題についても、実は親の日常のちょっとした行動が原因ということが少なくありません。

あなたも知らず知らずのうちに、子どもに悪い影響を与えているかも!? そこで、教育家のドロシー・ロー・ノルトさんと精神科医のレイチャル・ハリスさんの共著『子どもが育つ魔法の言葉』から、子どもをダメにする親のNG行動10個をお届けします。

あなたに当てはまる項目がないかぜひチェックしてくださいね。

 

■1:小言を言う

子どもは、例え「これだけは真似してほしくない」と思っていることでも、親の言葉や行動すべてをスポンジのようにぐんぐん吸収します。

そのため、いちいち小言を言ったりいつも文句ばかり言ったりしていると、人をけなすことを覚えてしまいます。そして、「ぼくはダメな子なんだ」とやる気を失い、自分自身を責めるようになってしまいます。

上手に叱ったり、肯定的な言い方をしたりするように心がけましょう。

 

■2:誰かを罵る

子どもは、敵意や憎しみの中で育つと精神が不安定になります。子どもによっては、乱暴なことになったり引っ込み思案な子になったりします。

夫婦間や親子間で罵りあったり、暴力を振るったりしていませんか? そんなことを続けていると、子どもも同じことをするようになってしまいます。

感情的にならないで、歩み寄ったりよく話し合ったりしてください。それは家族以外の人に対しても同様です。

 

■3:恐ろしい体験をさせる

子どもは、いつも恐怖を感じていると健全に成長できなくなってしまいます。人とうまく付き合えなくなり、何事にも消極的になってしまいます。

何かに怯えているときは、優しい言葉とスキンシップで不安を和らげてあげましょう。

 

■4:心配しすぎる

子どもは、親がよく「どうしよう」「困ったな」と言っていると、暗い気持ちになってしまいます。

そして、心配しすぎたり過保護になったりすると、それを重荷に感じます。子どもには子どもの人生があるので、やりたいようにさせてあげてください。

LINEで送る