いつ?何回?コレで一目瞭然♪「予防接種一覧カレンダー」

赤ちゃんの健康のために重要な“予防接種” でも、「どの時期に、何の予防接種を受ければいいの!?」「何回受ければイイの?」と困っているママ・パパは多いのではないでしょうか?

実際に受ける数も多く、時期も決まっていたりして複雑ですよね……。

そこで今回は、スマホでいつでも確認できる「予防接種カレンダー」を作成しました。忙しい毎日かと思いますが、このカレンダーを活用してサクッとスケジューリングをしてくださいね!

 

予防接種「基本のキ」

(1)情報収集をしよう!

予防接種の情報は市区町村から自宅に送られることが一般的。公費で受けられるものは、接種時期に“接種券”が届きます。予防接種の時期までに、近所の小児科で予防接種を受けられるか調べておくとよいでしょう。

(2)ワクチンデビューは生後2か月のお誕生日

市町村から送られてきたスケジュールを見ながら、実際に受ける病院で計画を立てます。あらかじめスケジューリングされた予防接種予定用紙に生後2か月後のお誕生日を書き込みます。また、予防接種専用アプリもあるので、そちらもオススメ。接種し忘れを予防しましょう!

 

■予防接種の受け方の種類

・定期接種:国や自治体が受けるように強く進めている予防接種です。
定められた期間内に受ければ、無料で受けられます。

・任意接種:希望する人が受けられる予防接種です。
費用は自己負担になりますが、赤ちゃんの病気の重症化を食い止めることが出来ます。

・同時接種:複数の予防接種を同時に接種することです。
同時接種しても、効果が弱まったり、副作用が増強することはありません。

 

■ワクチンにも種類があります

生ワクチン:生きた病原体の病原性を弱め、病気にかからせて免疫をつくるワクチン。他の予防接種まで中27日以上空ける必要があります。

不活化ワクチン:病原体を殺し、必要な成分を取り出して病原性をなくしたワクチン。他の予防接種まで中6日以上空ける必要があります。

予防説明絵

コチラをクリックすると、拡大して見れます!

 

予防接種のことが、少しはイメージできたでしょうか? 0歳児ママには、まだまだわからないこともいっぱい。

でも、そんなの当たり前です。ママになってまだ0歳なんです。大切なのは、わからないことを相談できる人がいること。わからないままだと不安ばかりで苦しくなります。わからないことがあったら、必ず誰かに頼ってくださいね。では、予防接種にいってらっしゃーい!

 

【関連記事】

※ コレで一目瞭然!0歳児の「予防接種」受け方のポイントとスケジュール

※ 助産師が教える!新米ママが知っておきたい「0歳児の予防接種」基本のキ

※ 【分かりにくいを攻略】「1歳児の予防接種」でママが気をつけたい3つのポイントって?

※ えッこんなにかかるの!? 子どもの「予防接種にかかる費用」と種類