最新トレンド!海外で話題の「バターコーヒーダイエット」に絶対に必要なモノとは

鎌田 薫

美容・健康

PR

ハリウッドセレブの間で大流行中の“バターコーヒーダイエット”ってご存知ですか?

名前のとおり、コーヒーにバターをいれるというダイエット方法。

「コーヒーにバターを入れたら、ダイエットどころか太るんじゃ!?」と勘違いされがちですが、胃腸の働きを助ける、コーヒーのカフェインと腸内を活発にする乳製品のバターによって、胃腸にダブルで働きかけて便秘解消ができ、ダイエットになるのだとか。

実はこのブーム、バターに秘密があるのです。バターコーヒーダイエットの一番のポイントは“バターの選び方”。

そこで今回は“ダイエットで活かしたいバターの選び方と入手方法”についてご紹介します。

 

■ダイエットに効果的な不飽和脂肪酸を多く含む「グラスフェッドバター」

「バターコーヒーダイエットの流れにのろう!」と思ったあなた、ちょっと待って下さい。バターだったらなんでもいいか、と言ったらそうではありません。

一般的なバターの多くには“飽和脂肪酸”という太りやすい脂肪酸が多く含まれており、これでは痩せるどころか逆効果……。

ではどのようなバターだったらダイエットに良いのでしょうか?

そのポイントは“不飽和脂肪酸”にありました。不飽和脂肪酸は、オリーブオイルや青魚に含まれているような脂肪酸で、血液をサラサラにして代謝をアップさせたり、体についた脂肪を一緒に燃やしてくれたり、便を柔らかくして便通をよくする効果があるんだそうです。

そして、 “グラスフェッドバター” にはこの不飽和脂肪酸が多く含まれていると言われているのです。

 

■バターコーヒーダイエットの要「グラスフェッドバター」とは?

日本でも、女性を中心に大きな話題になっている“グラスフェッドバター”ですが、その代表的な産地のひとつとして知られているのは、酪農大国ニュージーランド。

羊のイメージが強く、自然と気候に恵まれたニュージーランドでは、広大な牧草地で昼夜放牧の牧草飼養(グラスフェッド)が行われ、クリーンかつグリーンな自然環境で乳牛が育てられているのです。

“グラスフェッドバター”とは、このように“放牧され、牧草主体で育った牛の乳で作られたバター”のことを指します。

 

■「グラスフェッドバター」はママにも嬉しい!

子どもが生まれ、ママになると、自分たちの口にする食品が「どのように生産されているのか」が気になるようになりますよね。

“グラスフェッドバター”はナチュラルな牧草飼養の生乳から作られ、厳しい安全管理を経て製造されています。

また、牧草で育った牛から搾る生乳にはビタミンEやカロチンだけでなく、体脂肪減少に繋がるという共役リノール酸や心臓病死亡リスクの減少に効果があると言われているリノレン酸など、健康に有益な不飽和脂肪酸が多く含まれているので、子どもの食事にも安心して使うことができます。

 

■グラスフェッドバターの美味しい召し上がり方

パンに塗ったり、お料理に使用したりといつもながらの使い方もありますが、“グラスフェッドバター”の美味しさを楽しめるスイーツを作ってみました。

IMG_1404

それが“クレープシュクレ”です! バターをたっぷり使っていますが、脂の重たさがなく、柔らかな味に仕上がります。

「こんなにバターをたくさん摂ったら太ってしまう……」と思ってしまうかも知れませんが、“グラスフェッドバター”であれば脂肪燃焼や便秘解消など、嬉しい効果も期待できるかも!

そして、お供に話題の“バターコーヒー”も! バターは無塩のものを使うと、バターの風味をこわすことなく、柔らかな味わいにすることができます。

こちらのレシピは、ミシュラン一つ星を4年連続で獲得した石原鉄哉さんのレシピです。

 

■「グラスフェッドバター」はどこで買えるの?

美容や健康にもよい、嬉しい成分を持つ“グラスフェッドバター”、これなら毎日の食卓にもどんどん使っていきたいですよね! ではどこで購入できるのでしょうか?

全国のイオン店舗にて取り扱いがあるようです。

多くのバター商品がある中で、ニュージーランドの “グラスフェッドバター”を見分けるポイントがこちら!

側面を見ると「原産国名 ニュージーランド」と印字してありますので、これが目印となります。

 

 

▼情報提供:フォンテラ ジャパン株式会社
世界第4位のニュージーランド最大の乳業メーカー。世界最大の乳製品輸出企業として粉乳、バター、チーズ、乳タンパクなど年間400万トンを世界140カ国に販売している。日本ではナチュラルチーズやニュートリション市場で確固たる地位を築いている。

フォンテラ ジャパン株式会社(東京都港区港南2-16-2)はフォンテラの日本法人。

Sponsored by フォンテラ ジャパン

関連記事

[fbcomments]