小児科の事故は身近な問題!? 弁護士が教える「医療事故を防ぐ」ためのチェック項目5つ

木川雅博

子供

source:http://www.shutterstock.com/

かわいい自分のお子さんが、病気やけがをした場合お子さんがもと通り元気になることを願わないご両親はいませんよね。

ただ、医師や看護師も人間ですから、“絶対にミスをしない”とはいえません。皆さんも、医療事故によって重い後遺症を負ったり、死に至ってしまったケースの報道を年に何件かは耳にすると思います。

そこで、今回は、弁護士である筆者が、“お子さんが医療事故に遭う可能性を少しでも減らすために、小児科で多い医療事故と、その医療事故を防ぐためにご両親ができること”について解説します。

 

小児科で多い事故事例

『公益財団法人日本医療機能評価機構』が公表している医療事故情報(平成25年度)によると、小児科における事故では……

(1)療養上の世話に関する事故(103件)

(2)薬剤に関する事故(24件)

(3)治療・措置に関する事故(22件)

以上の分類が多いことがわかります。

これらのカテゴリに分類される事故は、小児科に限らず多く見受けられますが、療養上の世話に関する事故事例として、“おむつ交換中”や“ミルク投与中の事故”、“ベッドからの転落事故”、“食物アレルギー患者にアレルギー食物を食べさせてしまう事故”などが報告されていることが特徴的です。

小さいお子さんは自分で体勢を変えることもままならなかったり、自分のアレルギー食物を把握していなかったりします。

また、当たり前のことですが薬剤の誤投与や誤った治療がなされた場合は命に関わりますので、事故を防ぐために、ご両親のほうでも以下のような注意が必要です。

 

関連記事

[fbcomments]