東日本大震災「直後と同じ防災意識」保ててますか?家族を守る賢いママの災害対策

福島 佳奈美

社会

taa / PIXTA

2016年3月11日で早くも東日本大震災から5年が経過しました。震災直後は防災への意識も高まっていましたが、最近はあまり意識をしていないという方も増えてしまっているのではないでしょうか。

当たり前のことですが、いざ何かが起きた時への対策は“事前に”しておかなければいけません。それは防災グッズ等の準備ももちろんですが、保険に関してもやはり“もしも”に備えた方が安心ですよね。

そこで、この機会にファイナンシャルプランナーである筆者が“賢いママが災害に備える保険の考え方”をお伝えします。

 

アンケート結果から見える「現在の災害対策状況」

『保険クリニック』が2016年2月、30歳~60歳の岩手・宮城・福島エリア200名、東京・神奈川・千葉エリア200名、大阪・兵庫エリア200名を対象に震災時、震災後についてアンケートを実施しました。

この調査によりますと、震災後、家族と取り組んだ防災対策の1位は『非常食・防災グッズの常備』、2位は『避難場所の確認』、3位が『家族との連絡方法の共有』となりました。

ただし、『何もしていない』という方も179名と全体の約30%だったことが気になります。いつ、自分も災害の被害を受けるとも限りません。今すぐ災害への対策ができているかチェックしましょう。

 

関連記事

[fbcomments]