子育てはネガティブ要素だらけ!? 現代ママが「2人目の壁」を越えられない理由

mica

家族

“2人目の壁”なる言葉を聞いて、あなただったらどんなことを想像しますか?

教育費をはじめとした経済的な不安や、キャリアが中断される仕事面での不安。年齢的な体力の不安。また、1人目でこんなに四苦八苦しているのだから、2人も産まれたらもっと大変になるに違いない……という心理的不安など、様々な要素が浮かび上がると思います。

今回は子育てアドバイザーであり、4児の母である筆者が、“2人目の壁”の実態と、壁を乗り越えるための姿勢についてご紹介します。

 

■ 「2人目の壁」は、1人目の壁の2倍弱!?

一般財団法人 1 more baby応援団が実施した調査によると、子どもがいない38.5%の人が「1人目の出産にためらいを感じる」と回答しています。

一方、子どもを1人持つ人に“2人目の出産”について質問をすると、2倍弱と大きく上回る64.8%の人が「ためらいを感じる」と回答しました。

 

■ 大きな理由は「経済的不安」

そして“2人目の壁”を感じる理由として、85.1%が「経済的な理由」と答えています。

子どもを巡る教育環境の多様化、学費の値上げ、かつてないほど市場の広がりを見せる、子どもの習い事などを漠然と見据えたときに、従来と比べてそれほど上がらない収入という対比が、“2人目の壁”となって、夫婦の両肩にのしかかっているのかもしれません。

関連記事

[fbcomments]