小学校までにマスターしたい!「読み書き」のやる気を高める3ステップ

Nao Kiyota

子供

小学校に入学すると、いきなり毎日数時間の勉強をすることになります。「ついていけない!」と挫折してしまうことのないよう、幼児期のうちから勉強習慣をつけさせたいもの。特に、全ての勉強の基礎となる“読み書きの力”は、できるだけ早いうちから身につけさせたいですよね。

子どもが楽しみながら、「もっとやりたい!」と思える方法で勉強させてあげれば、自分でどんどん成長する子に育ちますよ。

そこで今回は、“読み書きを楽しく学ばせる3ステップ”をご紹介します。

 

■1:まずはカードやゲームで「遊んで覚える」

知らない文字を書くのは難しいですし、真似して書くことができても、覚えることができません。まずは見ただけで何の文字なのかを瞬時に判断できるまで、文字に“親しませる”ことが大切。ひらがな、カタカナの書かれたカードを使って、楽しく“かるた”や“文字当てゲーム”をしましょう。

例えば、ひらがなを覚えさせる場合、ママが「あ」と言ったら、子どもが「あ」と書かれたカードを取る(指で指す)ことができるか、逆にママが選んだカードに書かれた文字を読むことができるかを確かめることで、“子どもが覚えているかどうか”を簡単にチェックすることができます。文字カードを組み合わせて言葉を完成させたり、「あ」から「ん」までを順に並べる時間を競い合うのもオススメですよ。

ゲームで感覚的におこなえば、子どもも楽しく学ぶことができます。できたら“褒める、認める”ことを忘れずに、達成感を味わってもらってくださいね。

関連記事

[fbcomments]