自宅で無料体験!あの『ディズニーの英語システム』わくわく英語体験でベビーもご機嫌♪

Yuno

英語

PR

0歳の内から英語に触れさせるとバイリンガル知育に効果的ってよく聞くけど、実際何からどう始めたらいいのか分からないというママは多いかと思います。

のんびり悩んでいると、0歳なんてあっという間です。筆者の娘は6カ月ですので、0歳児の期間ももうあと半年! 少し焦り始めて、以前からIt Mamaの記事で見て気になっていた『ディズニーの英語システム』を思い出しました。

まず無料サンプルで娘の反応を見てから、良さそうだったら無料体験もしてみようかなと軽い気持ちでぽちっと申込み。

 

■STEP1:無料サンプルのDVDとCDで良さを実感!

お試しDVDを見てみると、娘が早速興味を示したのです。

偶然かと思い、試しに毎朝流してみると、DVDを流した瞬間に笑い出して、動きが激しくなるんです!

特に娘がお気に入りの『The ABC Song』を、機嫌が悪くなったときに歌ってみると、不思議と泣き止むようになりました。

DVDにはたくさんの赤ちゃんや子どもが出てきますし、カラフルなディズニーの映像が面白いようです。

もちろん言葉の意味は理解できていないはずですが、ネイティブの英語を聞いているのできっと“英語耳”が養われているんだろうと、親としては期待してしまいます。

そこで早速、無料の「わくわく英語体験」にも申込んでみました!!

 

■STEP2:自宅にて無料で本物の教材を体験できちゃう!

子どもがいると出かける準備や交通機関を利用するのは一苦労ですが、『ディズニーの英語システム』はアドバイザーさんが都合の良い時に自宅まで来てくれます。

「アドバイザーって販売スタッフ?」って思ってどんな人が自宅に来るんだろう、と最初は正直緊張していました。

しかし、今回来てくれた担当の明石さんは、ご自身も3人のママという心強い先輩ママさん! 「授乳したり、オムツを交換したりして、〇〇ちゃんに合わせて進行していきましょうね」と声をかけてくださる気遣いもあり、とっても助かりました。

また、明石さんもそうでしたが、『ディズニーの英語システム』は教材を気に入ったユーザーママさんがたくさんアドバイザーのお仕事をしているということで、より安心してお話を聞くことができました。

そして、淡々と教材の説明をするだけでなく、実際に遊びながら説明をしてくださるので、子どもの反応を見ながら聞くことが出来る上に、とても分かりやすくて終始子どももご機嫌でした!

 

■教材だけではない充実のサポート!

絵本やカードなどなど、教材を一通り試してみて、シールを貼って質問に答えたり、録音が出来るミッキーのペンで遊んだりと、数えきれない充実した教材内容に感動し、“これならきっと飽きずに何年も使える”と実感しました。

中でもお気に入りはマジックペン! 絵本をタッチすると、ミッキーがタッチした絵の名前を英語で教えてくれるんです。また、声の録音も出来るので、聞き慣れたママの声を録音しておけば、子どももリラックスして英語と触れ合うことも出来ると思います。

このように様々な教材があり、説明を受けながら実際に見て触れないと良さが分からないだけに、この無料体験にはとっても満足です。

また、充実しているのは教材だけにとどまりません!

週に1回ネイティブの先生と電話で一緒に歌ったりお話ししたり、英語のミュージカルなどのイベントに参加したり、国内宿泊、海外宿泊のイベントなどにも参加することもでき、英語を介してたくさんのお友達を作る機会があります。

ちなみに、子どもが遊びながら教材を破いてしまったとしても、破れた教材を送れば無償で交換をしてくれるといった細やかなサービスも嬉しいですよね。

※イベント、無料教材交換保証等は「ワールド・ファミリー・クラブ」のサービスです。

※シールなどの消耗品は無料交換保証の対象外となります。

※イベントへの参加には別途参加費用がかかります。

 

■「2,000時間」聞くことが英語を話せるポイントだった!?

筆者は、もともと近所の英会話スクールに通わせようと考えていました。ですがアドバイザーさんからの言葉にビックリ! 

「日本語も同じなのですが、言語を話せるようになるには2,000時間のインプットが必要なんです」

ですから週一で英会話に通っても、英語を話せるようになるには果てしない時間が必要になります。

幼い頃ほど英語耳を育てることが出来るので、重要なのは“0歳の今の時期”“毎日こつこつ” 英語に触れさせることが大切なんだそうです。

これらの体験を通して感じたことは、『ディズニーの英語システム』は“お勉強”ではなく“遊び”を通して英語に楽しく触れていく教材なんだということです。

勉強勉強という教育はあまりしたくないと思っていましたが、早くから英語を始める重要性を改めて認識できましたし、赤ちゃんでも英語教育をはじめられるイメージが湧きました。

特に『ディズニーの英語システム』は遊びの中で、自然に楽しく英語に触れられるように作られた教材だと思うので、のびのび育てたい派のママにも抵抗なく使えるかと思います。

始める前は不安だらけでしたが、予想以上に子どもも楽しんでくれて、親子一緒に楽しく続けられそうな内容でした。英語はめっきり苦手な筆者と主人も、これを機に子どもと一緒に楽しんで英語を学べる気がしています。

しかも、説明だけなら無料のうえ、今ならみんな大好き『くまのプーさんハンドパペット』ももらえちゃうんです。

英語に教育に興味があるママさんパパさん、ぜひこの機会に「わくわく英語体験」を試してみては?

 

>>SPのかたはこちらから

>>PCのかたはこちらから

 

©Disney

© Disney.  Based on the “Winnie the Pooh” works by A.A. Milne and E.H. Shepard.

【参考元】

※ 「ディズニーの英語システム」

Sponsored by ワールド・ファミリー株式会社

 

関連記事

[fbcomments]