妊婦の4人に1人が「乳腺炎」トラブルに!授乳をツライ思い出にしないための予防策

Yuno

プレママ

165113513

生後間もなく、多くの女性が経験する“おっぱいトラブル”。中でも高熱が出たり強い痛みを伴う乳腺炎はかなり辛く、「おっぱいが痛くて泣きながら授乳してる」なんてママの悲鳴を聞いたことがあります。

ママとなって喜びとなるはずの授乳が辛い思い出とならないためにも、妊娠中から乳腺炎の予防をしておきたいもの。

今回は乳腺炎の症状や、妊娠中からできる予防法についてウパウパハウス岡本助産院の岡本院長に取材した内容をもとにお伝えします。

 

■乳腺炎の症状別種類3つ

乳腺炎ガイドによると、なんと妊産婦全体の4分の1が乳腺炎になるとのこと。

そして乳腺炎と一言に言っても種類があり、

(1)急性うっ滞性乳腺炎(もしくは急性停滞性乳腺炎)

乳房全体に発赤が出て晴れて硬くなる、痛みを伴うしこりができる、微熱が出る

(2)急性化膿性乳腺炎(きゅうせいかのうせいにゅうせんえん)

高熱が出る、乳房に激しい痛みと腫れが出る、全身に震えと寒気が出る、炎症が治まった後に膿が出ることがある

(3)乳輪下膿痬(にゅうりんかのうよう)

乳輪の下にしこりができて膿が何回も出るようになる

と、大きく3つに分類されますが、筆者の場合は乳首に白い斑点のようなものが1つでき、助産師さんに「これは放置すると乳腺炎になるよ」と言われました。もしそういった症状がある方も注意してください。

 

■妊娠中からできる予防法とは?!

ウパウパハウス岡本助産院岡本院長にお話を伺ったところ、乳腺炎になった時にはまずは授乳回数を増やすこと、そして色んなポジションから赤ちゃんに飲ませることが重要だということです。

どうしても、ママがやりやすい1方向からの授乳になってしまいがちですが、横抱きでの授乳や、フットボール抱きの授乳法など色々な方法で飲ませるようにしてみましょう。その他の対策として以下の2つが挙げられるそうです。

関連記事

[fbcomments]