「気がつけば、アラフォー子なし夫婦に!」あなたの知らないリアルな妊活の世界<連載第1回>

村橋 ゴロー

悩み

260212967

もしあなたが「子どもは欲しい」と願っているならば、夫へ具体的に“いつまでに”といった相談をされたことは、ありますか? “いつかはできる”と思いながら、この点を曖昧にすることで結果、不妊に悩まされるカップルが多いのが現実です。

3年間にも及ぶ不妊治療の末に、やっと子どもを授かった『俺たち妊活部―「パパになりたい! 」男たち101人の本音』の筆者・村橋ゴローが自身の妊活エピソードを語りながら、不妊治療を考えている方へ必勝法をやさしく語りかける、短期集中連載スタート!

 

■「あなたの子どもが産みたいの」

現在1歳6ヶ月になる、男の子をもつ父親である僕は、3年間にも及ぶ不妊治療の末に、やっと子どもを授かりました。 不妊治療を始めたきっかけ、それはさかのぼること12年前の04年でした。

妻とまだ付き合って半年ぐらいのころ、唐突にこう言われたのです。「あなたの子どもが産みたいの」。当時、僕には400万円近い借金があり、妻はそれをそれを知っていました。それなのに、です。いい根性してますよね。森山直太朗さんがリメイクした名曲「若者たち」の歌詞を借りれば、「だのに、なぜ」(笑)。

 

■気がつけば“マルコー”越えの37歳!どうする!?

そんなこんなで交際半年、互いに32歳となる年に僕らは結婚。400万円の借金野郎の「子どもを産みたい」と言う妻の願いは、すぐに叶えてあげられるはずでした。学生時代から“できない”ことばかりに苦心し行為に及んでいたので、避妊具ひとつ外せば、すぐにできると思っていたのです。

が、が、1年経っても2年経っても、いっこうにできない。4年経っても5年経っても、できる気配すらない。ではなぜこのとき、専門のクリニックの門を叩かなかったのか? 結婚当初から子どもを望んでいたなら、なぜそうしなかったのか? そう思う方もいらっしゃるでしょう。

関連記事

コメント

コメント