ドキッ!「不育症」になりやすい女性がしている、4つのNG生活習慣

川上 智史

プレママ

71601301

“不育症”という言葉を耳にしたことがある方も多いと思います。不育症は、妊娠したとしても母体の子宮の中で赤ちゃんがきちんと育たない状態を言います。わかりやすく言えば流産してしまうということ。そもそも妊娠とは精子と卵子が出会って受精し、受精卵となったものが子宮内膜で安定することによって着床することで成立するものです。

なんらかの原因で受精卵が着床できなかったり、着床したとしても安定しない状態、すなわち流産してしまうことを一般的に“不育症”と言います。不育症は決して珍しいものではありません。妊娠初期の時に安定していないという言葉があるように、安定期に入るまでは誰にでも起こり得るものと言えます。

そこで今回は、予防医学に詳しい医学博士の筆者が女性の不育症の原因とNG生活習慣についてお話します。

 

■不育症の原因

原因は大きく分けると胎児側に問題がある場合、母体側に問題がある場合と二つに分けられます。

胎児側に問題がある場合、多くは染色体異常が考えられます。受精卵が正常に育たないような状態を指すために、生物学上成長することができないのです。それにより流産してしまいます。

母体側に原因がある場合は生活習慣や基礎疾患など、こちらもいくつか考えることができます。何かしらの基礎疾患がある場合には、まずはかかりつけのお医者さんに相談して基礎疾患の治療を行うようにしましょう。

では生活習慣について考えた時、どんな生活習慣が不育症を招いてしまうのか?

 

■不育症になりやすい女性のNG生活習慣とは?

不育症になってしまう生活習慣とは、簡単に言えば不規則な生活習慣ということが挙げられます。

女性は月経周期に合わせて生体内部環境が整います。普段強くストレスを感じてしまっている場合や不規則な睡眠、不規則な食事がある場合、生体内部環境が一定とならなくなってしまうために同時に子宮内部環境も一定ではなくなります。それにより不育となってしまう可能性も考えられます。では具体的に見ていきましょう。

[fbcomments]