内臓のはたらきに好影響!子どもは「1日3食」がいい3つの理由

Nao Kiyota

美容・健康

shutterstock_8851921

食に関するウワサは様々。

例えば、「朝食を食べると頭が良くなる」「朝食を抜くとキレやすくなる」「きっちり3食だと太ってしまう」「プチ断食も必要」……などなど、何が正解かわからないほど多くのウワサを耳にしますよね。

子どもと大人とでは、食事との付き合い方が違います。体質や体力、発育の程度によって個人差はありますが、一般的には毎日3食、“朝、昼、晩”と一定のリズムで食事をする習慣をつくることが大切。

そこで今回は、子どもにとって“1日3食がいい3つの理由”をご紹介します!

 

■1:子どもは「栄養素を貯められない」

子どもは成長のために多くの栄養素を必要としますが、まだまだ身体や内臓機能が未成熟です。一度に大量の栄養素を処理するのは厳しく、成長に使われるため栄養素を体内に貯めておくのも難しいもの。1食欠けるだけでも、それが長期間続くと、十分な栄養素を摂取することができなくなってしまいます。

1度で大人と同じ量を食べられるようになってからでも、子どもは“小まめな栄養摂取が欠かせない”ということを念頭に置いておく必要があります。

 

■2:「1日2食」だと食べ過ぎに発展する危険性も

子どもは食欲をコントロールするのが苦手。欠食があったり、食事と食事の間が長時間空いてしまうと、お腹が空きすぎて1食でガツガツ、できるだけたくさん食べる習慣が身についてしまいます。そんな食生活が長く続くと、内臓に大きな負担がかかり体調不良を起こしやすく、少しでも栄養素を吸収しやすい“太りやすい”体質になってしまいます。

関連記事

コメント

コメント