【流行注意報発令中!】「インフルエンザ」対策に食べておきたいモノ5つ

圓尾 和紀

美容・健康

暦の上ではもう春が訪れていますが、実際はまだまだ真冬の寒さが続いています。インフルエンザも猛威を振るっており、今年2016年、東京でも流行注意報が発令されるなど、全国的に感染者が増えているようです。

インフルエンザの対策には手洗いなどの対策がとても大事ですが、忘れてはならないのが、身体の中から対策をすること。すなわち食事による“予防”です。

今回は管理栄養士の筆者が、“今の時期に食べたいインフルエンザ予防になる食べものを5つ”をご紹介します。

 

■1:ごぼう

実は世界中でごぼうを食べているのは日本人だけ。でも、中国では漢方の材料として用いられるほどの健康食材なのです。

そんなごぼうは食物繊維が豊富。しかも特徴の異なる“水溶性”と“不溶性”という2タイプの食物繊維をバランス良く含んでいます。

「便秘でもないのになぜ食物繊維?」と思われるかもしれませんが、インフルエンザのような感染症を予防するためには実は腸内環境を整えておくことがとても大事。

食物繊維をしっかりととることは腸内環境の改善につながり、身体の中に入ってきたウイルスと戦える身体になるのです。

 

■2:大根

大根もごぼうと同様に食物繊維を含むことに加えて、ビタミンCが多く含まれます。

ビタミンCは免疫を司る白血球の働きを良くしたり、自分自身も細菌やウイルスと戦う働きを持つ心強い味方です。

さらに、大根の葉には皮膚や粘膜を丈夫にして病原菌の侵入を防ぐように働く、βカロテンが含まれています。葉も捨てずに味噌汁の具にしたりして利用しましょう。

 

関連記事

コメント

コメント