トイレトレーニングが不要になる!0歳からの「おむつなし育児」が断然イイ理由

Yuno

プレママ

今はオムツを数時間つけっぱなしにしてもムレない、漏れない優れたオムツがたくさん出ていますよね。ですが実は赤ちゃんは本来オムツの中で、ベチャベチャになりながら排せつをしたくはないのです。

しかも、生後間もなくからオムツに頼らず、オムツの外で排せつをさせる習慣を身につけることで、親にとってもかなりの負担になりえる2~3歳頃に始めるトイレトレーニングが必要なくなるかもしれないんです。

今日は“おむつなし育児”アドバイザーの筆者が、“新生児から始められるオムツの外に排せつをさせる習慣”についてお伝えします。

 

■70年前までは生後間もなくオマルを使用していた!?

1948年に厚生省(現厚労省)が指導して作った、映画『母子手帳』の中では「生後6カ月頃から便器にかけると、赤ちゃんは喜んでやり、オムツを濡らさないようになります」というナレーションと共に、赤ちゃんが母親に抱えられて便器やオマルに排せつするシーンなどが撮影されています。

現代、私たちが教えられている、オムツの中に排せつをさせる考えは1950年代頃から始まりました。

そして1962年にブラゼルトン博士が「トイレトレーニンングは子供がちゃんと分かり始めてから教えるべき」と発表し、そこからは1歳よりも前にオムツをはずそうとする母親はいなくなってしまったそうです。

ですがその後2005年の『ニューヨークタイムズ』の記事の冒頭で、そのブラゼルトン博士は「0歳の赤ちゃんにトイレトレーニングができるのか? できる!」と発言をされています。

関連記事

[fbcomments]