ストレス解消のヒントは「呼吸」!今話題のルーシーダットンに学ぶ呼吸法とは

黄本恵子

美容・健康

121505908

育児をしていると、赤ちゃんを抱っこするときなど、どうしても前かがみの姿勢が多くなってしまいますよね。前かがみの姿勢は、腰や肩に負担をかけやすくなります。そして、コリを生むだけでなく、“呼吸を浅くしてしまう原因”にもなるんです。

呼吸が浅いと、新鮮な酸素を体内に取り入れることができず、自律神経の乱れを引き起こし、血行も悪くすることに!

そうなると、むくみやすなったり、冷え性になったり、代謝が悪くなって太りやすくなってしまうのです。さらには、イライラしがちになったり気分が沈みやすくなってしまうことも……。

楽しい気分で毎日過ごすためには、普段何気なくしている呼吸に気を配ることって、実はとても大切なんです。ということで今日は、RIRA認定ルーシーダットンインストラクターである筆者が、“心と体を整える呼吸法”についてお伝えします。

 

■「心と体を整える」呼吸って?

心と体の調子を整える呼吸とは、つまり“深い呼吸”です。

呼吸を深くすると、たくさんの新鮮な酸素を体内に取り入れることができます。

それにより、乱れている自律神経を正常に機能させることができるので、血行や代謝が良くなり、冷え性やむくみ、筋肉のコリが軽減に繋がります。

また、気持ちの浮き沈みが少なくなり、切り替えもとても早くなります。スッキリした気分で過ごせる日が多くなるということです。

関連記事

コメント

コメント