5割以上が「喫煙家庭」だった!恐ろしい子どもへの影響と注意点4つ

青木 かおり

美容・健康

“禁煙ブーム”な昨今、喫煙者は徐々に減少傾向にありますが、厚生労働省発表の『父母の喫煙状況の変化』によりますと、パパ・ママのいずれかが喫煙者の家庭は全体の57.9%、そのうち、共に喫煙者の家庭は13.9%と、全くタバコを吸わない家庭より上回っています。

同じく厚生労働省による『年度別・家庭用品等の小児の誤飲事故のべ報告件数』を見ると、どの年度もタバコの誤飲が必ず上位に入るという結果から、タバコの危険性と子どもへの健康は隣り合わせになっています。

そこで今回は、“タバコの誤飲や受動喫煙による子どもへの危険性、そして喫煙家族が気を付けたい事”をご紹介します。

 

「受動喫煙」による子どもへの影響5つ

タバコの煙には数千種類の化学物質が含まれていて、そのうち発がん性物質は60種類もり、子どもは呼吸器などの発達が大人に比べると未熟なので身体的な影響を受けやすくなります。

(1)乳幼児突然死症候群(SIDS)

それまで元気に遊びミルクを飲んでいた赤ちゃんが突然亡くなってしまう事をいいますが、厚生労働省によるとその原因の一つとして父母共に喫煙習慣がある場合に発症するリスクが高くなる事がわかっています。

(2)気管支喘息や呼吸器疾患

家庭内、特にママが喫煙者の場合に影響が大きいそうで、気管支炎や肺炎による喉の痛みや咳、淡というような症状が表れます。

(3)中耳炎

耳は関係ないように思えますが、喉の奥と中耳の間には“耳管”という管が通じていて、喉から吸いこまれたタバコの煙は耳管を通って中耳炎になってしまいます。

(4)命に関わるような大病

小児がん、白血病、悪性リンパ腫などの大きな病気にもなる可能性があります。

(5)発達障害

体の成長に影響があるだけでなく、注意欠陥・多動性障害(ADHD)など子どもの知能の発達にも影響を及ぼすという報告があります。

関連記事

[fbcomments]