将来子どもが困ることに…!幼児期からでも「しつけ」ておきたい4つのこと

mica

子供

“しつけ”を漢字で表すと、読んで字のごとく、“身を美しくする”、“躾”と書きます。その意味は“礼儀作法をその人の身につくように教え込む事。また、その礼儀作法”、または、“裁縫で、縫い目や折り目を正しく整えるために仮にざっとあらく縫う事”などとあります。

世の中の全ての事が真新しく見えている小さな子ども達に、これから生きて行く世の中を歩んで行くために必要な知恵を教え導くのは大人の役目です。その知恵が、子ども達の人生を美しくするものであれば、なおいいですよね。

今回は子育てアドバイザーであり四児の母である筆者が、“子どもが小さいうちにしつけた方がいい4つのこと”をご紹介します。

 

■1:あいさつ

小さい頃から挨拶の練習をしましょう。朝起きたら「おはよう、○○ちゃん」、夜寝る時は「おやすみ、○○くん」などと名前をつけて、まだ赤ちゃんの頃からあいさつを習慣にしましょう。

外へ出て、知らない大人のひとに「かわいいね、いくつ?」などと好意的な言葉をかけてもらったら、しゃべれなくても代弁するように「ひとつ」「ふたつ」などと指を出して見せてあげてください。別れ際には「さようなら」と頭を軽く下げましょう。

子どもはそんな風に人と関わる親の背中を見て、挨拶の仕方を学びます。

関連記事

コメント

コメント