今話題の「ナチュラル・ハイジーン」な子育て食を実践したい理由

藤田光樹

子供

268905491

「家族の健康のためにいいことは取り入れていきたい」など、健康維持のためにできることはやってみたいと思っているママも多いと思います。近年、さまざまな健康法が出てきていますが、今話題となっている“ナチュラル・ハイジーン”というアメリカの健康理論をご存じですか?

現代では当たり前となっている薬や手術を主流とする西洋医学に対して疑問を抱くアメリカの医師らによって、学問的にしっかり体系づけられた健康理論です。実は、筆者も13年以上この健康法を続けていて、その良さを実感しています。

今回は、野菜ソムリエの筆者が、自身も取り入れている今話題の健康法ナチュラル・ハイジーンについてご紹介します。

 

■ナチュラル・ハイジーンって?

「ナチュラル(natural)」は“自然の・天然の” 「ハイジーン(hygiene)」は“摂生”という意味。つまり、自然と調和したライフスタイルということです。

ナチュラル・ハイジーンの原則は、とってもシンプル。日本ナチュラル・ハイジーン普及協会によると、“健康のために必要な条件を体に与え、体を傷つけるようなものを体に与えないことによって、体の内外環境を清潔に保つ”というもの。

必要な条件は、新鮮な空気や水・体の生理機能構造上ふさわしい食事・十分な睡眠や休養(断食も含む)・適度な運動・日光・ストレスマネジメントなどのことです。体には自らを浄化・修復する機能があるのですが、現代人は常に食べ物を取り込む状態で、体はその消化のほうで大忙し。浄化や修復にまで手が回らないという状況です。

それを、できるだけ体のサイクルに合わせて食べ物を取り入れ、体に備わっている力を発揮できるようにすることで悪いところは治され、健康を維持できるようになる、というのがナチュラル・ハイジーンです。

体のサイクルに合わせた食べ方は、

●午前中・・・排泄の時間帯 (新鮮な果物や果物のジュース)

●午後・・・摂取と消化の時間帯(サラダや蒸した野菜、煮物などと穀類)

●夜・・・吸収と利用の時間帯(肉類・魚介類・卵乳製品のどれか一つとサラダ)

この3つが気を付けたいルール。

基本的には、“野菜と果物をたくさん取り入れる”ことが条件となります。

このルールを守って実践すると、健康維持はもちろん、ヘルシーな食事でムダな贅肉も落ち、スリムになります。

体のサイクルに合わせた食習慣を身に付けることは、子どもにとってもこれからの健康を保つために大切なこと。最初は、朝にフルーツのみというところからチャレンジしてみてください。そこがクリアできたら、ほかのルールも取り入れていってみるといいでしょう。

関連記事

コメント

コメント