その叱り癖…もしや?NG親世襲の「負の連鎖」を断ち切るためにすべきコト

立石美津子

子供

 “褒めて育てよ”と耳にするけれど “子どもをどうやって褒めたらいいのかわからない”というママがいます。

その原因はズバリ、あなた自身が親から認められたり、褒められたりする経験がほとんどなかったので褒め方がわからないからです。それって、無理もありませんよね。

そこで今日は、『1人でできる子が育つ テキトー母さんのすすめ』の著者の立石美津子が“子育てにおける負の連鎖を断つ時の考え方”についてお話します。

 

■上手な対応ができるママとできないママの違い

子どもが玩具を投げたり、片付けないとき「いい加減にしなさい!」「こら!」と、怒鳴り散らしてしまうママがいます。

一方「玩具はボールじゃないよね。投げないで遊ぼうね」「そろそろお片付けの時間よ。元あった位置に戻そうね」と冷静に対応できるママもいます。上手な対応が出来るママでも、保育士の経験があるとか子育て本を読み漁っているといった、特別な様子もありません。

なぜ、こんなにうまく躾けられるのでしょうか?

それは、ママ自身の親から怒鳴られたり叩かれてしつけけられた幼い頃の思い出がないので、大声を出すことなく子どもが納得できるようにしつける方法が脳にプログラム化されている可能性が高いのです。

 

■「叱る=しつけ」という間違った固定観念

“しつけ”の一文字を見たときに、“厳しく叱ること”と思い浮かぶ人と“教え諭し導くこと”と考える人に分かれます。

しつけとは子どもが悪いことをしたとき、怒鳴ったり叩いたりすることと思い浮かぶ人は自分の親からこのようにされてきた人です。だからわが子にも迷うことなく同じことを再現してしまうのです。

子育て本の中には“褒めて育てよ”の説がある一方、“幼児期からしつけをしっかりしましょう”の説もあったりして、読めば読むほど混乱してしまいます。

けれども、どちらも間違いではなく同じことを言っているのです。でも親から“しつけ=厳しく叱ること”をされたママは“叱ることがしつけだ”と完全に勘違いし、誤った方向へ突き進んでしまいます。

関連記事

[fbcomments]