【一人でお悩み中ママへ】たった10分の音楽が「育児ノイローゼ」の助けに!

Yuno

悩み

“育児”って本当に自分の思い通りにはいかないものですよね。小さな子供は何を考えているのか大人には理解ができず育児ノイローゼに陥るママは少なくないのではないでしょうか。

ママがピリピリしてしまうと子供はそんなママの気持ちをすぐに察っしてしまうので、お子様のことを思うとできれば常に笑顔で接してあげたいものですよね。

そこで今日は、日本音楽療法学会認定音楽療法士の松下裕美さんに、“育児ノイローゼ中のママに向けた音楽を使ったアプローチ法”を伺ってきましたのでご紹介いたします。

 

■音楽療法とは?

日本音楽療法学会の定義では『音楽のもつ生理的、心理的、社会的働きを用いて、心身の障害の回復、機能の維持改善、生活の質の向上、行動の変容などに向けて、音楽を意図的、計画的に使用すること』としています。

つまり音楽療法とは、ただ単純に音楽を聴いたり楽器を演奏して「楽しかった!癒された!」ということに留まらず、音楽の持つ“メロディ、リズム、ハーモニー”などの要素を用いて、心や身体の変化・回復等を目指すことなのです。

 

■禅やヨガを取り入れた音楽療法

ドイツの音楽療法学者シュヴァーベが考案した『調整的音楽療法(RMT)』という音楽療法は、シュヴァーベが元々“禅”や“ヨガ”などにも興味があり、それらの影響のもと考え出されたとも言われ、神経症(ノイローゼ)の治療のための音楽療法として生み出されたそうです。

シュヴァーベは、神経症患者によくみられる“ものごとにこだわる性格”を禅の“あるがまま”という概念で除去できると考えたようです。

育児ノイローゼに当てはめて考えてみると、育児がうまくいかないと、どうしても「なんでママの言うこと聞いてくれないの?」「絶対この教育方針で育てるんだ」と神経質になりすぎてしまいがちに。

そんな神経質なママにとって“あるがままを受け入れる”ということは難しいことかもしれませんが、この音楽療法で気持ちが楽になる助けになるかもしれません。

関連記事

[fbcomments]