なぜか愛される人のヒミツ!義理両親、ママ友、夫を自然と味方につける「自己開示法」って?

黄本恵子

悩み

125345873

誰だって、人からは良い印象を持たれたいもの。「充実した生活を送っている」「いつもがんばっている」「素晴らしい人だなぁ」こんな風に他人から思われたいと思っているかもしれません。

そうして、ママ友や職場の仲間、友達、ときには義両親や自分の夫に対してそんなふうに思ってもらおうと、自分の良い面ばかりをアピールしていませんか?

ですが、そんなアピールをしても周りはあなたに好感を抱かないかもしれません。多くの人を味方につけ、応援される好感度の高いママになるには、良い面ばかりアピールしようとしてもダメなのです。

今日は、コミュニケーションライターの筆者が、いろんな人から自然と応援されるコミュニケーション法についてお伝えします。

 

■人を遠ざける“自己呈示”、人を味方につける“自己開示”

相手に「こんな印象を与えたい」「こういう風に思わせたい」という意図で振る舞うことを、心理学用語で“自己呈示”といいます。一方、自分の弱みや問題、素直な気持ちをそのまま相手に伝えることを、心理学用語で“自己開示”といいます。

自己呈示をしてくる人と、自己開示をしてくる人、あなたならどちらの方により好感を持ちますか?

多くの方は、自己開示をしてくる人ではないでしょうか。

自己呈示は、人によっては、自慢に聞こえたり、誇張しているように聞こえるものです。それに、真実を語ってもらっていないと、人は相手のことを信用しません。

それに対して、自己開示は、自分からオープンに、素直に相手に心を開いています。相手がどんな気持ちでいるかがわかると、相手は安心し、「自分も心を開いて接しよう」という気持ちが強くなるのです。

多くの人を味方につけ、応援されるようになるには、自己開示をすることが大切です。

関連記事

[fbcomments]