「わざと負けてあげる」のはNG!親子でゲームをするときの心得4つ

立石美津子

子供

236822149

最近は家族でトランプをする家庭も少なくなっていますが、お正月中はかるたやトランプ、百人一首をするご家庭も多いのではないでしょうか。

でも、そんなときやってはならない親の態度があります。

そこで今日は、『1人でできる子が育つ テキトー母さんのすすめ』の著者の立石美津子が親子でゲームをするときの心得についてお話します。

 

■親子でゲームをするときの心得4つ

(1)親が「わざと負けてあげる」のはNG

負けん気が強い子っていますよね。負けるとすねて泣いて手が付けられなくなるタイプの子どもです。こんなとき「後でなだめるのが大変」と、わざと負けてやる親がいますが、これは止めましょう。

なぜなら、勝ち負けにこだわる子だからこそ“親が自分を勝たせるために手を抜いていること”はどこかで感じ取っています。最初は優勝して喜んでいる子もいますが、本気で大人が勝負に挑んでくれていないことがわかってくると、次第に「親とやってもつまらない」となります。

負ける体験を通して適度な挫折感を味わうことは大事です。毎回負けたり、3回戦で3回とも負けてしまう失敗体験ばかり続くとやる気は失せてしまいますが、1回くらいは大人が勝って悔しさを体験させましょう。

泣いた場合、必死になだめたり、また「そんなことくらいで泣くんじゃない!」と叱らずに、その時は本人なりに気持ちの整理をしているのですから放っておきましょう。

関連記事

コメント

コメント