他人事じゃなかった…!?「毒親」になりやすいママの特徴3つ

立石美津子

子供

近年、テレビなどで『毒親』『毒親からの解放』といった類の言葉をよく耳にします。そういった放送を見たり聞いたりしたママは、他人事のように感じているかもしれませんが、実はこれってよくあることなのです。

そして、自分自身でも気づかないうちに、既にその兆候が見え隠れしている人がいます。

そこで今日は、『1人でできる子が育つ テキトー母さんのすすめ』の著者の立石美津子が、“毒親になりやすいママの特徴と予防策”についてお話します。

 

■毒親ってなに?

狭義の意味では“食事を与えない、病気になっても病院に連れて行かない”ネグレクトや身体的性的虐待を与える育児放棄をしている親のことです。そういった親は連日ニュースなどでも取沙汰されてるものの、限られた極一部の人たちかもしれません。

広義の意味でいうと“子どもを自分の意のままにコントロールして支配する親”のことを指すようです。そうなってくると、かなりのパーセンテージで当てはまる人も多いのではないでしょうか。

例えば、子どもが「ピアノをやりたくない」と拒否しているのに「女の子なんだなら絶対にやらないとダメ。止めるなんて許さない」と言ったり、進学の際も子どもが進みたい道を無視し、親の希望する学校を選ぶように押し付けるなど。“ドキッ”とする方もいるのではないでしょうか。

子どもが適度な反抗をして、自己主張ができる環境にあればいいのですが、これが出来ないくらい親が強硬な場合、子どもは自分の感情を押し殺し、親の顔色だけを見て暮らすようになります。

子ども自身も“毒に犯されている”ことに気づかず、思春期以降、心の病を発症したりするケースもあるのです。

関連記事

[fbcomments]