わが子の「人見知り」を克服するために試しておきたい3つの方法

mica

子供

2645614

いつも明るくお返事ができて、お友だちの中にも入っていってすぐに遊べる可愛い子。対してわが子は、誰かに話しかけられても固く押し黙り、いつもママの後ろに隠れている……そんな光景を見て、思わずこんな風に思いながらため息が出てしまうママもいることと思います。

「どうしてうちの子は他の子みたいに仲良く……」

そこで今回は、子育てアドバイザーであり四児の母である筆者が、人見知りの原因と、人見知りの子の心を育てるために、親ができることをご紹介します。

 

■人見知りは、「親と子の固い絆」の証

小さな頃の人見知りは、自分の親と、その他の人を区別できるようになった成長の証と言われます。つまり、子どもの中には“親=安心”“他人=不安”というはっきりした図式があるのです。

親と子の安心な関係をベースに、子どもは少しずつ親から離れて広い世界へと歩み出します。人見知りの時期は個人の成長によって差があり、はっきりした時期を特定することはできません。

子どもの人見知りに悩み始めたママは、まずは自分達親子の絆がしっかり結ばれている、ということを喜んでくださいね。

関連記事

[fbcomments]