話題の「ディズニーの英語システム」実際に無料サンプルをもらってみました♪

SUZU

英語

PR

最近は赤ちゃんの頃から英語を習わせるケースが多くなり、「我が子もなにかしなければ!」と悩んでいるママも多いと思います。

しかし同時に、本当に“乳幼児期から英語を習わせる必要があるのか”疑問に感じているママも多いのではないでしょうか?

とはいえ、小学校3年生から英語の授業が必修化となりますし、高校・大学では”話す”技能が必要になってくるこれからの英語教育、わが子にはできるだけ有利なスタートを切らせてあげたいもの。

そこで今回は、子どもの英語教育に悩んでいるママのひとりとして、1歳半の息子を持つ筆者が、ママ達に話題の『ディズニーの英語システム』を体験してみたのでご紹介します。

 

子どもはみんな「英語耳」になれる!ただし1歳半までがリミット!?

日本語と英語は“音域”が違うことはご存知でしょうか?

日本人で英語が苦手な人が多いのは、この“音域の違い”が大きな要因だと言われています。日本語の母音は低音域が多いため、高音域の子音が多い英語を聴き取りにくいのです。

また、日本語の母音は“アイウエオ”の5つだけですが、英語の母音は20以上あります。そのため、日本語にしかふれていないと、日本語以外の音を聴き分ける能力はどんどん失われていきます。

でも、生後9ヶ月ごろまでの赤ちゃんの脳は”国際的”で、人間の諸言語に共通する150の言語音のすべてを聴き取ることができるのです!

しかし、ある研究によれば、生後半年から1年の間に、この能力は消えてしまうことがわかっています。日常生活に関係のない音は、脳によってどんどん排除されていくのです。

こう聞くと、「無限の可能性を放っておくのはもったいない!」と思ってきますよね。

というわけで、まずは筆者も、以前から気になっていた『ディズニーの英語システム』の資料請求をしてみることにしました。

 

ディズニーワールド炸裂!話題の教材を試してみました

無料サンプルが届いて驚いたのは、その充実したセット内容。

・おためしDVD

・英語の歌CD

・絵本

ミッキー・ミニーが惜しみなく使われた教材には、思わず大人も「キュン♡」としてしまいます!

筆者の子どもはまだ“キャラクター”自体に目覚めていないので、ディズニーのキャラクターに馴染めるか不安でしたが、初日からDVDに真剣に見入っていました。

親向けのガイドブックにあった無料サンプルの使い方を参考に、何日か繰り返しDVDを見せていると、徐々に子どもの反応が濃くなっていき、手を叩いたり声を出したりしながら見るように!

ディズニーのキャラクター以外にも、映像にたくさんの子どもたちが出てくるのも楽しくなるポイントのひとつだと思います。

筆者の息子もちょうど1歳を過ぎたあたりから、周りの子どもや少し大きいお姉さんお兄さんに興味が出てきたので、同年代の子どもたちが映像に出てきて踊ったり歌ったりしているのがとても楽しい様子でした。

また、歌のCDには、息子が大好きなABCの歌が収録されていたこともあり、日中遊んでいるときのBGMとして流してみたところ所々で反応しながら遊ぶようになりました。

筆者の息子は、現在習い事をしていますが、通学制の習い事は子どもの機嫌やお昼寝の時間に関係なく毎週決まった時間に行かなければならないので、集中できないコンディションでレッスンを受けることもしばしば。

でも、教材制であれば、このように家で子どものコンディションに合わせて無理なくできるので、親にも子どもにも負担にならないなと思いました。長く継続していけると思います!

 

壊しても大丈夫!「何度でも修理・交換可」

もうひとつ、無料体験をしてみてわかったことがあります。

それは、思った以上に“子どもは教材を乱暴に扱う”ということ。

訳もなく本を投げてみたり、何度も何度もめくってみたり、赤ちゃんの場合はとにかくなんでも舐めてしまったり……。

今回のサンプルの絵本も、何度も見ているうちに気づくと折れてしまっていて、安くはない教材を果たしてキレイに使えるのだろうか?と不安になってしまいました。

しかし、このワールド・ファミリーの『ディズニーの英語システム』の場合、教材は何度でも無料で修理・交換(※)してもらえるんです。

※教材の無料交換保証は有料制会員組織「ワールド・ファミリー・クラブ」のサービスです。

始める前はそこまで重要視しないポイントかもしれませんが、教材をキレイに使わなければと心配せずに“子どもに思いっきり使わせてあげられる”というのは、ママにとって実は見逃せないポイントです!

長い間、毎日使い続けるものだからこそ、このようなアフターサポートが充実しているというのは嬉しいですね。

まずは気軽に資料請求をしてみてはいかがでしょうか? お子さんとの相性を確かめてみましょう!

無料資料請求はコチラ

PCの方はコチラ

【参考】

※ 「ディズニーの英語システム」ホームページ

※ リンダ・ゲッデス(著)真喜志順子(訳)(2014)『妊娠・出産・育児の不思議がわかる103の話』(KADOKAWA)

© Disney

Sponsored by ワールド・ファミリー株式会社

関連記事

[fbcomments]