【専門家がズバリ!】子どもに「キャラ弁が悪影響になる」かもしれない理由とは?

立石美津子

子供

230919739

あなたはキャラ弁派ですか?それとも普通のお弁当派ですか? どちらであってもお弁当を作るときって“子どもが嬉しそうに食べている姿”を思い出して、愛情たっぷりのエキスを入れて作りますよね。

でも、それが作り方によっては“親の思い込みの強いキャラ弁”になってしまうこともあります。

そこで今日は、『1人でできる子が育つ テキトー母さんのすすめ』の著者の立石美津子が本当に作ってあげたい愛情弁当についてお話します。

 

■子どもの「好物」だらけのキャラ弁は本当に愛情弁当?

好きな物だけ入っているお弁当は確かに子どもがパクパクと食べてくれます。

でも、数年後の学校給食のことを考えると子どもが苦手なものも少し入れた方が賢明です。なぜならば給食は子どもの嫌いなものも当然出てくるからです。

小松菜の煮びたしや煮っ転がし、和え物など“地味”とも言えるおかずも多くあります。キャラクターを型どったご飯が出てくることはなく、白いまま。ふりかけが付いてくることもほとんどないでしょう。

食べやすいように丁寧に対応してもらい過ぎて育った結果、“ごくフツー”な給食が苦痛になってしまうこともあるかもしれません。そのためにも、幼稚園に通っていて毎日手作り弁当をしているママは、お弁当の中身を少し意識して作りましょうね。

バランスよく食べて健康的に育って欲しいという“愛情”があるからこそ、愛情弁当にはその子が苦手なものをあえて入れることが大切です。

関連記事

[fbcomments]