キッズも大喜び♡一気にこだわり感が出る「ホームパーティ演出」のコツ3つ

新里百合子

子供

unnamed (1)

ハロウィンが過ぎたと思ったらクリスマス、そして誰かしらのお誕生日にベビーシャワーと、今日本ではママがホームパーティをする機会が格段に増えています。

筆者はママになってから、パーティグッズを経営する友人がいることもあり、沢山のホームパーティにお邪魔したり、また自分でも工夫を凝らして開催するようになりました。

今回は、ママ友との数々のホームパーティにお邪魔した経験を持つ筆者が、真似しやすく、子供のテンションも一気にUPするホームパーティ演出のコツをお教えしたいと思います。

 

■子供のテンションも一気にUPする「ホームパーティ演出」のコツ3つ

(1)テーマを決めたら飾りつけを統一する

unnamed (4)

最近筆者がお邪魔したパーティは『小さなプリンセスソフィア』というキャラクターがテーマのお誕生日パーティ。飾りつけをする時はキャラクターを統一するとパーティに統一感が出て、写真を撮るときなどに華やかに写ります。

ハロウィンはオレンジ・黒・パープルなどのテーマカラーで統一出来ますし、クリスマスもカラー縛りでコーディネートしやすいですが、お誕生日などになると、ガーランド・バルーン・テーブルクロスなど割とバラバラに用意することが多く、すこし散らかった印象になりがち。

そうならないためにも“誕生日”以外のテーマを決めてグッズを用意すること。

unnamed (2)

ピンク・ブルーなどの色でも良いですし、お子さんの好きなキャラクターで統一すると信じられないくらい喜んでくれます。以前『アナと雪の女王』のパーティを開催したときに、世界観に沿った飾りつけをしてパーティ中に『アナと雪の女王』のDVDを流すと、女の子達がずっとキラキラした瞳でそれぞれアナとエルサになりきっていました。

用意するグッズは、最低でもガーランドとバルーン、この2つがあれば豪華に見え写真も映えます。予算に余裕があればテーマにあったカラーで作るフルッフィーポンポン(紙でできたフラワーポンポン)などを買い足すとさらに華やかになりますよ!

関連記事

コメント

コメント