おしゃぶり、育児本…便利だけど使いすぎは「赤ちゃんに悪影響」な子育てアイテム3つ

立石美津子

子供

“おしゃぶり”って子どもを泣き止ませるのには便利ですよね。

おしゃぶりをはじめ、乳幼児期の育児をサポートしてくれるアイテムは世にたくさんありますが、どんなに良い製品も使い方によっては赤ちゃんに悪影響を及ぼすことがあります。

今日は、『1人でできる子が育つ テキトー母さんのすすめ』の著者の立石美津子が“賢くないアイテムの使い方”についてお話します。

 

■おしゃぶり訴訟

 

おしゃぶりを3歳10ヶ月まで使い続けたところ“歯列や顎が変形するなど深刻な障害が残った”として、ある母親が大手用品メーカー『コンビ』に対して約1,000万円の損害賠償を求めた訴訟を起こしました。

この訴訟で問題とされたのは、おしゃぶりのメリットだけが記されており、長時間、長期間使用により乳児の正常な発達を阻害するデメリットについて記載がなかったことに関してでした。

結果、和解が成立しコンビ社は、おしゃぶりのパッケージに使用上の注意記載をし、他の販売メーカーもこれに追随するようになったということです。

関連記事

コメント

コメント