アナタは出来てる?子どもを「幸せにする」親の3箇条

立石美津子

ニュース, 子供

誰しも子どもを出産して母になった瞬間、「絶対に幸せにしてみせるわ」と誓ったはず。でも、子どもが成長するにつれ、だんだんと期待値が髙くなり、いつしか子どもを不幸せにしてしまっている人がいます。

そこで今日は、『1人でできる子が育つ テキトー母さんのすすめ』の著者の立石美津子が“子どもを幸せにする3箇条”についてお話ししたいと思います。

 

■1:子どもに期待しない

人が誕生するときは“母親”由来の染色体と“父親”由来の染色体から半分ずつもらい1個の新しい人間が誕生します。これが“遺伝”です。どんなに「私に似てほしくない」「パパに似てほしくない」と思っていても似てしまうものです。

顔かたちや体つきのパーツだけでなく、気質や能力もある程度遺伝します。たとえ見た目はママ似であっても性格はパパに似てるなど、父となる人、母となる人、どちらの要素も受け継いで産まれてくるものでしょう。

親になると「親を超えるようなビックな人間になってほしい」と願ったり、親が「私は運動や音楽の才能にも恵まれず平凡な人生を歩んでいる。だから子どもには期待している」と過度な期待をしてしまいがちですが、遺伝を無視するのはやめましょう。

子どもの将来の図だけではありません。子育て中も期待しハードルを上げ過ぎると子どもも親もしんどくなってしまいます。少しバーの高さをこんな風に下げてみませんか。

・「2歳になったらオムツは取れていなくてはならない」を「3歳になるまでに取れればいい」

・「1歳半になったら言葉を話せなくてはならない」を「2歳半になって喋れるようになればいい」

ハードルのバーを下げるだけで、不思議と気持ちが楽になりませんか?

 

関連記事

[fbcomments]