聞いたことはあるけど実際どうなの?0才から英語をスタートするといい理由とは

島津優理子

英語

PR

最近、ママ友同士の会話の中で『子供の英語、何かやってる?』という話題が多くなっていませんか?数年後、英語が小学校3年生の必修科目となることから、子供の英語教育をどうしていくかお悩みのママも多いですよね。

「何才からスタートしたらいいのか」とか「どんなことをしたらいいのか」といったことが分からずに、焦っているママに嬉しい、とっておきの情報を今回はお伝えします。

英語教育を始めるベストな時期と、遊びながら英語が学べるおすすめの教材のご紹介です。

 

■希望者全員プレゼント!

・無料サンプルDVD・CD・絵本

・お風呂でABCえほん

詳しくはこちら!

PCの方はこちら

スマートフォンの方はこちら

 

■英語を赤ちゃんの時から始めた方がいい理由とは

生後2~3ヶ月くらいの赤ちゃんは、「あー」とか「うー」という“喃語(なんご)”を発しますよね。実はこの喃語には、世界中の言語の音が含まれているんだそうです!

赤ちゃんには世界中の言葉を聞き分ける能力があるため、日本語の環境にいると日本語を、英語の環境にいると英語を話すようになるのです。

ですから、この喃語を話す時期から、聞いたり、話したりして、英語をたくさんインプットすると、言葉の基礎が固められるので、発音などのアウトプットが自然とできるようになるのです。

 

■遊びながら自然に学べる「ディズニーの英語システム」

そうはいっても、「まだ母語である日本語も話せない赤ちゃんに、英語教育なんて……」と、抵抗があるママも多いかもしれません。でも後になってから、「今さらはじめても遅いのかも……」と、悩むくらいなら、まずは遊びを通して英語に触れてみませんか?

0才の赤ちゃんから始められる「ディズニーの英語システム」は、遊んだり、歌ったりしながら英語を学べます。35年以上の歴史を持つ、信頼ある教材なんですよ。

特におすすめの4つのポイントを見ていきましょう。

(1)0才からずーっと長く使える

まだ言葉を話せない赤ちゃんでも、言葉を聞き分ける能力は日々育まれています。親しみやすい英語の曲が入ったCDをかければ、真似して歌ったり、踊ったりしながらたくさんの英語をインプットできちゃいます。

world2

(2)イベントや電話で身につけた英語をアウトプットできる

CDやDVDで、たくさん英語をインプットしても、話す機会がないと実際に話せるようにならないですよね。でも、「ディズニーの英語システム」はアウトプットできる機会として、会員制サービス『ワールド・ファミリー・クラブ』を提供しています。

このサービスでは、全国で年間約1,500回開催されているイベントや、ネイティブの先生と電話で話せる“テレフォンイングリッシュ”などで、覚えた英語を実際に使えるのです。伝わる喜びを感じることで、英語への興味がグングン湧きますよ。

(3)成長に適した遊びで、楽しく自然に英語を学べる!

「ディズニーの英語システム」では、ハーバード大学修士の言語学と言語教育の権威であるアン・ダウ氏らにより開発された教材です。言語学だけでなく、子どもの発達心理学も考慮して作られているので、成長に合った遊びを通じて、英語を自然に学ぶことができるのです。 

world3

(4)教材が壊れても大丈夫!無料交換保証つき

赤ちゃんってなんでも口に入れていたり、物を投げたりするから、絵本やおもちゃがすぐにボロボロになったり、壊れてしまったり……。そんな経験があるママも多いのでは?

でも、「ディズニーの英語システム」には無料保証※1がついているので安心!

「ちょっと気になる!」という方は、まずは無料サンプル(CD・DVD・絵本)でお試しいただけます。

※1教材無料交換保証は有料制会員組織ワールド・ファミリー・クラブのサービスです。

 

■希望者全員プレゼント!

・無料サンプルDVD・CD・絵本

・お風呂でABCえほん

詳しくはこちら!

PCの方はこちら

スマートフォンの方はこちら

©Disney

Sponsored by ワールド・ファミリー株式会社

関連記事

[fbcomments]