【音で脳育♪】楽器を使った「音育」が子どもの脳に好影響と最新研究で判明!

芦原 陽子

子供

277915820

最近では、0歳から本物の音楽に触れられるクラシックコンサートに出かけるなど、感性豊かな子に育つようにと早くから“音育”に熱心なママも多いですね。

アメリカの最新研究では、楽器を使った“音育”が子どもの脳に好影響を与えるという興味深いデータが発表されました。

そこで今回は、保育園での勤務経験があり、現在、1歳7ヵ月になる男児のママである筆者が、最新科学で証明された、楽器を使った“音育”が脳に与えるメリットと、自宅で簡単にできる年齢別“オススメ音育”をご紹介します。

 

■最新研究で判明!楽器を使った“音育”のメリットとは?

アメリカのバーモント大学による研究で、楽器を使った音楽教育を受けた子どもの脳をスキャンしたところ“行動を調整する脳領域”の皮質の厚さに変化があったことが発見されました。

同研究によると、楽器を練習することで、将来のための効率性や計画性が増し、注意制御といった部分に関わる脳の領域を活性化することができるといいます。

また、楽器の練習は、感情を抑制したり、不安感を減少させるといった精神面の領域に関わる脳の皮質の厚さにも関連していることが明らかに。

このことからも、子どもに“音育”をするなら、ただ音楽を聞かせるだけではなく、ピアノやバイオリンのような手指を動かす楽器を練習させるほうが、メリットが多そうですね。

 

関連記事

コメント

コメント