子どもの算数力がぐんぐん育つ!幼少期から家庭でやりたい「おままごと」実践のコツ

立石美津子

子供

“お買い物”って子どもの算数力を伸ばすには最適な方法なんです。かといって物騒な事件も多いですし、子どもに財布を持たせておつかいをさせることはママとしてはなかなか難しいですよね。

また、今は商店街で八百屋、肉屋などを1軒ずつと回ってお金を払うことは少なく、スーパーのレジで一気にレジ係の人が精算してしまいます。

だったら家で疑似体験させてしまいましょう!

そこで今日は、『1人でできる子が育つ テキトー母さんのすすめ』の著者の立石美津子が家で出来るお買い物ごっこについてお話します。

 

■お買い物ごっことは?

家で、ママが店主役、子どもがお客さん役など、役を割り振って、お金のやり取りをします。

準備するものとしては、

・家にあるおもちゃまたはトマトやリンゴなどのおままごとセット(実物でも可)

・お金 (おもちゃのお金、本物の硬貨でも可)

の2種類になります。

では、具体的にどのようにするのか、お伝えします。

関連記事

[fbcomments]