魔の2歳児が「天使に大変身」!子どもの思春期にも好影響をもたらしてくれる食育って?

林カオリ

It Mama

shutterstock_72393445

スーパーに行けば「お菓子を買って欲しい」と大騒ぎし、レストランでは食事どころか遊びまわる我が子。イヤイヤ期に突入した幼児は親の思い通りに動いてくれませんよね。2~3歳頃は多くのママが頭を抱える時期ですが、この魔の時期を楽しく過ごすヒントは“食育”にあったのです。

今回は料理コーチングのプロである村上三保子先生に、子どもの心を飛躍的に成長させる家庭での食育ポイントを教えていただきました。

 

■可愛い子には料理をさせろ!心と五感が育つ実践食育

お掃除でも料理でも、小さい子どもは何でもママのやることを真似したがります。忙しいときは、「邪魔だからあっちで遊んでて」と子どもを追い払ったり、少し手伝わせてあげても、危なっかしくて見てられず、すぐに子どもの仕事を横取りしていませんか?

村上先生によれば、料理は幼児にとって絶好の食育のチャンスなんです。素材の持つ色や香り、感触、切る時や炒める時の音、色の変化、調味料ひとつひとつの味や香りなど、幼児の五感を刺激する“学びの宝庫”なのです。

料理を通して多くの失敗と成功を体験することで、失敗を恐れずに何度もチャレンジする力が身に付いたり、最後まで自分でできたという自信から得られる自己肯定感や、何かを作り上げる想像力など、子どもの“情緒面”を飛躍的に伸ばすことができます。

 

関連記事

コメント

コメント