赤ちゃんは寝かせるほど賢くなる!?「昼寝」が記憶の発達に役立つとイギリスで判明

芦原 陽子

子供

shutterstock_129817805

赤ちゃんがすやすやと気持ち良さそうに寝ている姿を見ていると、とても幸せな気分になりますよね。

赤ちゃんは、一日のほとんどを寝て過ごしているので、眠ってばかりで何もしていないように思われがちですが、実はこの赤ちゃんの“昼寝”には、驚くべきメリットが隠されていたのです!

そこで今回は、保育園での勤務経験があり、現在、1歳6ヵ月になる男児のママである筆者が、科学的に解明された“赤ちゃんの昼寝のメリット”と“上手な昼寝のさせ方”をご紹介します。

 

■昼寝する子は「記憶力」がグングンUPする!?

先日、イギリスのシェフィールド大学とドイツのルール大学による研究で、赤ちゃんは“30分以上の昼寝をすると、学んだばかりの言動を覚えやすくなる”という調査結果が発表されました。

同研究は、生後6ヵ月~12ヵ月の乳児を対象に調査を行ったもので、同じ月齢の赤ちゃんに指人形の手袋を脱いだり動かしたりするのを見せた後、4時間後と24時間後にその動きを思い出し再現することができるかを調査したものです。

動作の学習後、4時間以内に昼寝をしなかった子どもと、昼寝をした子どもとを比較したところ、昼寝をした子どもは“優れた回想能力”を示し、学んだ行動を再現できたという結果が出ました。

ただし、記憶力を高めるには、どれだけ寝たかも重要で、昼寝時間は少なくとも“30分以上”必要だといいます。

 

■絵本を読み聞かせるなら“眠りに落ちる直前”が効果的!

元気に遊んでいて意識がしっかり覚醒している時に、絵本の読み聞かせをしているというママは多いと思いますが、

同研究では、赤ちゃんが眠い時に一番学習能力があるという調査結果から、“寝る直前の読み聞かせは、子どもの記憶力の発達において重要である”と伝えています。

“絵本の読み聞かせ”や、“手遊び”や“歌”を教えるなら、ぜひ赤ちゃんが寝むそうな時に試してみてください! 

元保育園勤務の筆者が、息子が眠る前に毎日行っているのは、その日のできごとを思い出させるような簡単な“語りかけ”をすること。

「今日は朝パンを食べておいしかったね、公園にお散歩に行ったね。ブーブがいっぱい走っているのを見たね……」というように、語りかけています。日常にかかわる単語が自然と覚えられるのでオススメですよ。

関連記事

コメント

コメント