シルバーウィーク、そのプランで大丈夫?「早産になりやすい」NG行動5つ

Yuno

プレママ

310432520 (1)

近年36週以前に産まれてしまう切迫早産が増えていると言われています。

早産で生まれた赤ちゃんは“低出生体重児”と呼ばれ、中には耳や目に障害が残ったりする場合もあり、リスクが多いとされています。

できることなら出産するのに最も適した時期と言われる37週~41周の間の正産期で出産をしたいものですよね。

そこで今回はヨガインストラクター兼アーユルヴェーダアドバイザーの筆者が意外と多くの人がしてしまっている“早産になりやすい行動”をアーユルヴェーダの視点からお伝えします。

 

■早産になりやすい5つの原因とは?

アーユルヴェーダでは、この世界は地・水・火・風・空という5大元素で成り立っていると考えられています。これと同じように、人間の身体も“ヴァータ(風・空)”“ピッタ(火・水)”“カパ(水・地)”の3つの性質により骨・筋肉・内臓が構成され、生きるための大切な生理的機能がつくりだされていると考えます。

この3つの性質のうちのヴァータ(風・空)が増えすぎると早産傾向になりやすくなります。

ヴァータは“排出する”という重要な役割を持っているのですが、排尿・排便、また出産もこのヴァータの排出の働きによるものです。

ただし、妊娠中にヴァータが増えすぎてしまうとこのヴァータが異常な働きを始めてしまい、正期産前に排出=出産してしまうことがあるのです。

関連記事

コメント

コメント