イクメンはちっとも新しくなかった!「江戸時代」のオドロキ子育て常識3つ

mica

社会

(2)父親向けの「育児マニュアル本」もあった!

経世家・林子平『父子訓』には子育ての最終責任者は“父親”であることが記され、また、儒学者・山鹿素行『山鹿語録』には、「遺言しなくて済むことが理想の父親」と記されるなど、当時の父親主導の子育て環境を示す子育て本が存在していました。

ご飯支度や家事にいそしむ母親の傍ら、夕飯前時に子どもと手を繋いでふらふらと散歩する父親の姿は、そこかしこで見られたそう。現代ではちょっと考えられない情景ですね。

そしてこの時代には、そんな父親が子育てに没頭し、孤独にならないシステムも存在していたのです。

(3)地域ぐるみの子育てシステム「仮親」

江戸時代にはさまざまな“仮親”がいました。これは血の繋がった実の両親以外にも“仮親”として繋がり、結果として地域の大人達が子ども達を見守るシステムを形成するという、地域ぐるみの子育てシステムとなっていたようです。

以下が具体的な仮親です。

・へその緒を切る・・・“取り上げ親”

・出産直後に赤ちゃんを抱く・・・“抱き親”

・赤ちゃんを抱っこして外に出た時、最初に会った人がなる・・・“行き合い親”

・母親以外に乳を与える・・・“乳母”

・丈夫な子どものいる家の前に形式的に捨てられた子を拾って預かる・・・“拾い親”

・名前をつける・・・“名付け親”

・幼児になるまで子守りをする・・・“守親”

中でも驚きなのが“行き合い親”。そこにばったり出会わせたら自動的に“仮親”となってしまうのです。道を歩いていたら突然「あなたはこの子の”親”です!」と言われるようなものです。

でも、現代でも近所に生まれた小さくてふわふわの赤ちゃんを抱っこさせてもらったら、その子の成長がなんとなく気になってしまうということはありますよね。“行き合い親”もそれに似たような気持ちで“仮親”となるのかもしれません。

このように、江戸時代の育児は両親だけで行われるものではなく、多くのひとたちがサポートしていたのです。

 

いかがでしたか?

約260年続いたといわれる江戸時代に比べたら、現代のママ主導の育児スタイルはまだまだ歴史が浅いことが分かりますよね。それと同時に、日本男児は“育メン”の遺伝子を持っていることがこのことからわかりますね。

ママはどんどんパパを頼りにして、江戸期のお父さんのように育児の戦力となってもらってくださいね!

【関連記事】

nitori2

※ 堀北真希「女性もバリバリ働けるので好きな人と結婚したい」、ワーママが実践している手抜き術3つ

※ 日本のパパって先進国最下位レベルなの!? イクメンの新常識「父子手帳」を取得せよ!

※ 生後20ヶ月までのママ必見!赤ちゃんが将来「思いやりのある子」に育つ会話術

※ ママ友の間で今話題!子どもの「ココロの教育」に大切な●●●を伸ばす3つの方法[PR]

※ エッ!こんなに簡単でイイの!? 苦手野菜が食べられちゃう「ピカチュウオムライス」の作り方[PR]

【姉妹サイト】

二の腕ヤバい…1日たった2回で驚くほどスッキリ腕を作る「ネジネジ体操」とは 

あなたはどのタイプ?性格別「続けられる貯金法」3つ 

なんと96%が実感!? ダイエッター女子に大人気の●●ダイエットとは?[PR]

美容師は絶対しない!「洗い流さないトリートメント」のNG使い方 

【参考】

香山リカ(2010) 『母親はなぜ生きづらいか』(講談社現代新書)

【著者略歴】

 ※ mica・・・現代美術ギャラリー勤務時に夫と出会い半年で結婚、渡米。アメリカで年子姉妹を産み帰国。その後日本で3女と長男を自宅出産。現在は夫・姑・4人の子と共にシンガポール在住。 長女の不登校や苦しい罪悪感だらけの子育てを経て、今では自然体でこどもと接することが出来るようになった自身の経験を活かし、子育てアドバイザーの資格を取得。著者ブログにて、記事の裏話を更新しています!

関連記事

コメント

コメント