プロスポーツ選手も夢じゃない!? 「運動神経抜群な子のママ」が実践しているコトとは

It Mama編集部

子供

■実践編:年齢別やっておきたい!お手軽運動

81878518

便利だけど運動不足になりがちな現代では、親が子どもの外遊びやスポーツに触れる機会を”意識”して子どもに与えることが大切! まだ小さい子どもでも、平日は保育園や幼稚園だけでなく、家庭や地域でのアクティビティ参加などを通して少なくとも1日に30~40分くらい家事の合間に子どもが楽しく体を動かせる時間を作ってあげましょう。

●0~1歳

とにかくハイハイをできるだけ沢山させて。腰の力がつきます。コツは少し離れたところに赤ちゃんが好きなものをママが置いて、目標を定めてあげると一生懸命ハイハイしてくれます。この時期に足腰の力をつけておくと2,3歳くらいになって歩き回る時に体のバランスが良い子になります。

●1~2歳

まだ歩くのがおぼつかない時期ですが、親のサポート次第でどんどん動きを覚えていきます。この時期は親が子どもと一緒に遊ぶ感覚で、座る、起きる、転がるといった簡単な動作を日常の中で一緒にしてあげましょう。音に合わせて体を動かすリトミックなどもおススメです。

●2~3歳頃

自我が芽生えてきて好奇心旺盛な時期。体力もついてきて何にでも興味を示すので、まずは近所の公園など近場の広場がある場所に連れて行って自由にすきなだけ駆け回らせてあげましょう。家の中ではできないかけっこやボール投げ、遊具に慣れさせるといったことを沢山させてあげると良いでしょう。

3歳以降は身体能力もぐんと増し、遊びや運動にも好き嫌いがハッキリしてくるので、その子が興味のあるものを見つけてあげて、1つのことを繰り返してやる集中力を身につけさせてあげると、好きなスポーツを楽しみながら運動力がUPしていきます。

 

■番外編:「へその緒を切るタイミング」で運動神経が決まる!?

62050492

最後にこれから出産という方以外は活用できない方法ですが、“へその緒を切るまでの時間が長いと、子どもの運動神経が良くなる”ということが最近スウェーデンの研究で明らかになったのです。

数年前に400人の新生児を対象に行われた臨床研究で“へその緒を切るのを3分待つと、10秒以内に切った場合に比べて、赤ちゃんの血液中の鉄分値が良好になり、4歳時の鉄欠乏症リスクが低くなる”ということが明らかになりました。今回の研究はこの続編。として当時赤ちゃんだった子どもたちが4歳になった時の運動神経の違いを分析されました。すると、へその緒を切るまでの時間が長かった子ほど、運動神経がより良くなっていたのです!

「生まれてくる子どもはスポーツ万能になってほしい!」という方は、バースプランに“へその緒は3分間切らないでほしい”という要望を書いてみても良いかもしれませんね。

 

いかがでしたか?

将来スポーツ選手を目指していなくても、運動は身体だけでなく、心にも良い影響を与えるもの。幼少期からスポーツに親しんで、健康的な身体と心を育めるようにママはサポートしてあげてくださいね!

【関連記事】

nitori2

※ これは驚き!「酔った勢いでデキちゃった子」は肥満と糖尿病のリスクが劇的に高まると判明

※ 生後20ヶ月までのママ必見!赤ちゃんが将来「思いやりのある子」に育つ会話術

※ 子どもの朝食にピッタリ!ブレンダーを使った「育脳・時短ごはん」レシピ3選 

※ 食育重視のママ必見!想像以上に「エコロジーで節約も叶っちゃう」ウォーターサーバーって?[PR]

※ ママ友の間で今話題!子どもの「ココロの教育」に大切な●●●を伸ばす3つの方法[PR]

【姉妹サイト】

恐るべしすっぽんパワー!1日たったの100円で肌年齢が20代!?[PR] 

あなたはどのタイプ?性格別「続けられる貯金法」3つ 

なんと96%が実感!? ダイエッター女子に大人気の●●ダイエットとは?[PR]

美容師は絶対しない!「洗い流さないトリートメント」のNG使い方 

関連記事

コメント

コメント