デキるワーママこそ試したい!子育ての仕方が180度変わる「オートクライン効果」とは

立石美津子

子供

182849096

仕事場でバリバリ働き、それなりに評価を得ているママ。でも家に帰ったら自分のペースでことが進まない子育てが待っています。

仕事の疲れと溜まった家事を前にして、どうしてもイライラしてしまう場面があるかと思います。

そしてつい「自分がやってしまった方が早い」と手を出していませんか?

でもその“つい”が子どもの成長のチャンスを奪ってしまうかもしれません。

そこで今日は、『1人でできる子が育つ テキトー母さんのすすめ』の著者の立石美津子が出来るママが子どものチャンスを奪う理由と対処法についてお話したいと思います。

 

■デキるママは「待つ」ことができない

仕事も家事も何でも器用にこなすママ。合理的に沢山のことを同時にこなすので会社での評価も高かったりします。でも子育てだけはそうはいきません。

動きの早いせっかちな自分とは違ってボーッとしている我が子。自分と正反対の性格の子どもに対して「私の子なのに一体、誰に似たのかしら」なんて思ってしまう人もいるかもしれません。でも、それは誰かに似たのではなくあなたの態度が原因だったりします。

仕事や家事は計画を立ててある程度自分のペースで出来ますが、育児は思うようには行きません。その思い通りにならない育児を、仕事同様の姿勢で臨んで服を着せるのを全てママがやってしまったり、靴を履かせたりしてしまうと子どもはいつまでも自分から行動するようにはなりません。

子どもにやらせたかったら親がグッと我慢して“待つ”ことが大切ですよ。

 

関連記事

コメント

コメント