2~3歳児のママは要注意!子どもの手のひらで「完全に踊らされている大人」3パターン

立石美津子

子供

34814635

この間まで“可愛い赤ちゃん”と思っていた我が子。でも成長と共に言葉も増え、知恵がつき、“自分の望みを叶えるためにはどう大人に接すればよいか”がわかるようになってきます。

それは人として喜ばしい成長ではありますが、一歩間違えると親が子どもに振り回されている状態になります。

そこで今日は、『1人でできる子が育つ テキトー母さんのすすめ』の著者の立石美津子が、子どもの手のひらで踊らされない秘策について事例をもとにお話ししたいと思います。

 

■子どもの手のひらで踊らされている大人の事例3つ

(1)好き勝手な行動をとる保育園児の担任

某保育園での風景。

担任は先生としての威厳、オーラのないいわゆる“お友達先生”“お母さん先生”。子どもに優しいのは良いのですが、子ども達から甘く見られ、舐められてしまっています。

ある日、好き勝手な行動をとる子ども達にどうしようもなくなって、頭に血が上った先生はヒステリックにこう叫びました。

「3回同じことをしたらお部屋から出て行ってもらいます!」

すると、子ども達はお友達を2回突き飛ばし、画用紙を2回破り、机の上に2回乗りました。

先生が「なんでそんなに騒ぐの!いい加減にしなさい!」と叱ったとき子どもが放った一言。

「まだ、2回ずつしか悪いことしていないよ」

完全に子どもにコントロールされている担任でした。

関連記事

コメント

コメント