礼儀正しい子はココが違った!「自然にあいさつできる子」のママが毎日必ず言っていることとは

立石美津子

子供

172154477

我が子には“礼儀正しい子”に育ってほしいと思いますよね。でも、いくら願ったところでママが普段からお手本となるような行動をとっていないと、子どもはマネしようがありませんよ。

今日は、『1人でできる子が育つ テキトー母さんのすすめ』の著者・立石美津子が、親があいさつをする習慣がないと子どもが失礼な人になってしまう理由についてお話しします。 

 

■立派な人は「いつでも、誰にでも」あいさつできる

筆者が通うフィットネスクラブに、いつも明るい笑顔で「いらっしゃいませ」とあいさつしてくれる受付嬢がいました。

しかし、ある日近くのコンビニで偶然会ったとき、「こんにちは」とこちらからあいさつをしたのですが、完全無視されてしまったのです。気づかなかったという様子ではなく、「プライベートなので話しかけないで」といった横柄な態度でした。

その日以来、彼女の印象が一気に悪くなったものです。

一方で、その全く反対の出来事にも遭遇したことがあります。

ある日筆者が停留所でバスを待っていると、“名前が思い出せないけど、絶対に頻繁に会っている人”が並んでいました。無視するのも失礼かと思い「こんにちは」とあいさつすると、その方は笑顔で「こんにちは」と返してくれました。

その方が一体誰だったのか思い出せないまま、家に帰ってテレビを見ていたら、さっきのあの方が登場したのです! どうやら筆者は大変な勘違いをして、テレビに出ている著名な方を知り合いだと思い、声をかけていたのでした。

ちょっと恥ずかしいエピソードですが、有名人なのに見知らぬ筆者にあいさつを返してくれたこの方、とっても素敵ですよね。もともと、知的で素敵な方だと思ってはいましたが、その日からますますファンになってしまった筆者なのでした。 

 

関連記事

コメント

コメント